電撃文庫<br> ゼロから始める魔法の書〈4〉黒竜島の魔姫

個数:
電子版価格 ¥671
  • 電書あり

電撃文庫
ゼロから始める魔法の書〈4〉黒竜島の魔姫

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月27日 04時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 348p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784048653060
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

大陸に流出してしまった【ゼロの書の写本】回収のため、次なる地へ急ぐゼロと傭兵。しかし、2人が乗る貨物船は大きな嵐にのまれ――辿り着いた島には“魔法”が普及した国家があった……。

内容説明

世界を破滅へ導く“ゼロの書の写本”を作り出し、世界へとばら撤いた謎の組織“不完全なる数字”。稀代の天才魔女ゼロと獣の傭兵は、その組織の情報を得るためゼロの故郷である“弓月の森”へと向かうのだが…その途中、2人が乗る貨物船は大海原の嵐にのまれてしまう。―命からがら辿り着いた地。そこは、神聖な竜が住まうと伝えられる“黒竜島”という名の火山島だった。“ゼロの書の写本”の回収を急ぐ中、思わぬ足止めをくらう2人だが、その島にはなぜか“魔法”が普及した国家が存在していて…。話題の傑作ファンタジー、第4弾!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

θ(シータ)

97
「アレは我輩の友だった。我輩の唯一だった。それを殺したと言うのなら、ーー相応の覚悟はしてもらうぞ。我輩、極めて不愉快だ……!」旅の途中、ゼロ達の船が難破し見知らぬ島に流れ着いた。しかも、その島にはなぜか"魔法"が普及していて…。ゼロは魔法を却下したい黒竜島の人々は魔法を使いたい。その相対する主張の行き着く先がどうなるかと思ったけど意外な最後だったね。安定のファンタジーなんだけどその割にはハードな世界観でご都合主義に進まないのが中々いいし。そして、ゼロの静かな怒り…カッコよすぎる!星4つ【⭐️⭐️⭐️⭐️】2015/12/13

まりも

57
黒竜島を舞台にした第四弾。「ゼロの書の写本」を回収するために、ゼロと傭兵がゼロの故郷へ向かう船に乗るところから始まる話。ファンタジーの大定番ドラゴンを魔法を駆使してぶっ倒す。ファンタジーの王道を行く展開なだけあって、今回は中々面白かったです。やっぱりバトルが無いと物足りませんよね。〈不完全なる数字〉も物語に絡んでいるので、今後の展開も期待できそう。ただ神父がレギュラーキャラ化したのはちょっと意外でした。ここでお前が出るんかい!みたいな。これはリアもいずれ再登場するのかな?次巻も楽しみです。2017/01/18

よっち

35
〈不完全なる数字〉の情報を得るためにゼロの故郷に向かう貨物船が難破し、神聖な竜が住まうと伝えられる魔法が普及した黒竜島という名の火山島に辿り着く第四弾。島では魔法が日常的に運用されていくと将来どうなるか、そんな未来の一端が提示されるわけですが、ここでも〈不完全なる数字〉が絡んでいて、ゼロや傭兵だけでなく、写本を持ち込んだ魔術師や、竜を巡る島の事情、意外と早めな再登場の神父など、それぞれの正義が交錯しながら進められていく展開が面白かったです。王女もわりと良いキャラだったのでまた復活を期待。次巻も楽しみです。2015/08/10

中性色

34
一応ベースとしてはシリアスなはずなのに、語り口が一人称なのもあってあまりそれを感じさせないんだよなぁ。そういう意味で、漂流してたどり着いた先の文化の話はよく話題になるけどなんかいろいろと既視感を感じるものが。とりあえず、貞操観念ぐらいはちゃんとあってほしい。というか、敵側云々はまだしも神父は何しに出てきたマジで。それと裏でぐぬぬってるアルバスが面白い。2016/09/25

ナカショー

34
ゼロの故郷に向かってる途中で、乗ってた貨物船が難破し、竜が住んでて、魔法が日常に普及している島に流れ着くところから始まる話。相変わらず、キャラが生き生きしてて良いですね。あと、新登場の獣落ちは驚きましたwそして、サナレの登場の仕方には胸糞しかわかなかったです。サナレには一刻も早く、ゼロと傭兵にやられて欲しいですね。次巻も楽しみです。2015/12/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9824221

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。