電撃文庫<br> 境界線上のホライゾン8〈中〉―GENESISシリーズ

個数:
電子版価格 ¥979
  • 電書あり

電撃文庫
境界線上のホライゾン8〈中〉―GENESISシリーズ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2023年12月02日 05時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 817p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784048650717
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

“本能寺の変”へ介入しようとする武蔵に対し、P.A.Oda、羽柴、そして世界各国はどのような反応を見せるのか? それぞれの思惑が交錯する「夏休み編」中盤戦!

内容説明

本能寺の変へ介入すべく行動を起こした武蔵。だがそこへP.A.Odaの重要人物、森・蘭丸が現れ、その動きを制止する。武蔵が京に近づくことによって、“戦闘とは別の理由”で皆に害がなされるというのだが…。その一方で、羽柴への嫌がらせ行為―武蔵の関東入りに関する、武蔵と羽柴の首脳会議が幕を開ける!生徒会副会長の本多・正純が繰り出した“先制攻撃”に対して、羽柴側、羽柴・藤吉郎と竹中・半兵衛はどう応じるのか―?歴史再現のターニングポイント、本能寺の変が間近に迫り、動き出した世界各国。それぞれが目指す“最善手”へ向けて、交渉戦が火花を散らす!学園戦国ファンタジー第八話、中巻!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

44
学園戦国ファンタジー第八話の中巻。本能寺の変介入に向けた武蔵と羽柴による首脳会議が開かれる話。今回は交渉メインという事で、全体的に大人しめ。ネシンバラが持ち前の妄想力を暴発させたり、触手と可児の訓練だったりと色々ありましたが、そこまで盛り上がる内容では無かった気がします。今回最大の見所は要所要所で起きるイチャイチャ合戦でしょうか。クリスティーナさんとメアリ可愛すぎやろ。あとノリキも嫁が出来てからキャラがおかしくなってるけど、嫁が武蔵に来たらもっとおかしくなるんじゃねぇかな。下巻どうなるのか楽しみです。2016/02/24

Yobata

25
本能寺の変への介入の方法を考える武蔵勢に森蘭丸が現れ、制止を呼びかける。それも念頭に入れついに羽柴と武蔵の首脳会議が始まる。本能寺の変を前に合宿などで体勢を整えるP.A.Odaに嫌がらせを考える武蔵。それぞれが思惑を重ね交渉戦が始まる…。夏休み中編。夏休み期間中なので一応国家間の戦闘行為禁止は守られ、交渉戦に止まってるけど、まぁギリギリのラインだよねw正純はなんか吹っ切れてる感があるなwついに直接的な一戦を交えることになっあた今回の羽柴との交渉戦はどうなるかと思ったら、まさかの嘘しかないブラフ合戦w→2015/04/10

金目

18
「次は夏の有明から」とかあとがきで書かれると、あぁ川上稔また本出すんだって感じだけど、あながち間違ってもいない8巻中。あっちもこっちも夏休み。合宿で強化とか徹夜で同人誌作りとか雑魚寝で子作り討論とか楽しそう。遂に公式でホライゾンの出産可能がアナウンスされたことだし、薄い本も厚くなりますなー。遂に十本槍も全員登場し、二境紋や京との関わりも示唆され、いよいよ本能寺の変が迫っております。セージュンの目論見が成功したら、武蔵が本能寺つっこむのかしら。ミリアムと意外な人物との関係も明かされ、盛り上がって参りました2015/04/30

まるぼろ

17
下巻に向けての嵐の前の静けさ、みたいな感じでしょうか。本能寺の変とそれからに向けての道筋が決まったり、柴田勢…と言うより安土城に向けての嫌がらせが始まったり、有明ごと武蔵も移動してM.H.H.R.改派領にて夏のイベントが始まったり、とそんな巻です。個人的な見所は前回ニアミス的な邂逅だった双嬢コンビと双姫コンビの相対…とまでは行かない前哨戦らしき所ですかね…w やはり双姫も第二形態になれるんだなぁとか思いながら読んでました。他にも色々な事がありましたが、そんな中で腑抜けてしまった福島と泣き虫に→2016/02/19

シュエパイ

14
夏休み計画編、妄想書記のむやみな大活躍編!やぁ、あの"凶"は私もさすがにずるいと思うのでありますよ?(笑)色々複雑な立場の集団になりつつも、基本的にみんなの幸いを求める方針が消えてなくて嬉しいなぁ。あ、忍者と王女様は安定感があってよいのですね!敵方ではあるものの、可児君には頑張ってほしいな・・・。最後の副会長のセリフは、ありなの!?ってドキドキしましたが、あぁ、続きの下巻はいつでるんだろうな♪2015/04/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9701374
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。