9番目の音を探して―47歳からのニューヨークジャズ留学

電子版価格 ¥1,870
  • 電書あり

9番目の音を探して―47歳からのニューヨークジャズ留学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 367p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784048120036
  • NDC分類 764.7
  • Cコード C0095

内容説明

ポップミュージシャンからジャズピアニストへ。4年半に亘るニュースクール大学での日々を綴った、勇気と努力、音楽と愛犬ぴーす、そして仲間たちとのリアルストーリー。

目次

9th Note
13th Note

著者等紹介

大江千里[オオエセンリ]
1960年9月6日生まれ。1983年にシンガーソングライターとしてエピックソニーからデビュー。2007年末までに45枚のシングルと18枚のオリジナルアルバムを発表。音楽活動のほかにも、俳優として映画やテレビドラマに出演。NHK「トップランナー」のMC、ラジオ番組のパーソナリティのほか、エッセイや小説も執筆。角川書店『僕の家』はロングセラーとなる。2008年ジャズピアニストを目指し、NYのTHE NEW SCHOOL FOR JAZZ AND CONTEMPORARY MUSICへ入学。ジャズピアノ専攻。AARON GOLDBERGやJUNIOR MANCEなどのピアニストに師事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ポップミュージシャンだった大江千里。ジャズピアニストを志し、47歳の時、愛犬と共にニューヨークのジャズ大学ニュースクールへ留学。落ちこぼれからジャズアルバムをリリースするまでにいたる感動の4年間を綴る