朝起きたら探索者(シーカー)になっていたのでダンジョンに潜ってみる

個数:
電子版価格
¥1,485
  • 電書あり

朝起きたら探索者(シーカー)になっていたのでダンジョンに潜ってみる

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月25日 11時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 422p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047373440
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

現代世界に突如として"ダンジョン"が生まれ、同時にダンジョン適合者である"探索者(シーカー)"が人々の間に現れはじめてからおよそ三十年。高卒の独身フリーター、六槍大地はある朝、自分がレベルやステータス、スキルなどを持つ特異能力者――"探索者"になったことに気付く。近場のダンジョンで試行錯誤をしながらモンスターを倒し、得た魔石を換金しながら少しずつ力を得ていく大地。そんなある日、同年代の女性探索者である小太刀風音に出会ったことから彼のダンジョン生活に変化が訪れて――。

内容説明

現代世界に突如として“ダンジョン”が生まれ、同時にダンジョン適合者である“探索者”が人々の間に現れはじめてからおよそ三十年。高卒の独身フリーター、六槍大地はある朝、自分がレベルやステータス、スキルなどを持つ特異能力者―“探索者”になったことに気付く。近場のダンジョンで試行錯誤をしながらモンスターを倒し、得た魔石を換金しながら少しずつ力を得ていく大地。そんなある日、同年代の女性探索者である小太刀風音に出会ったことから彼のダンジョン生活に変化が訪れて―。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

alleine05

8
現代日本ダンジョンもの。現代日本を舞台にしているだけあって金銭感覚がわかりやすく共感しやすく、どんどんスキルなどを獲得してレベルアップしていくけど稼ごうと思うならより深くダンジョンに潜らなければならないという懐事情が納得しやすかった。また敵の出現パターンやダメージの負い方がやたらとゲーム的で、そのへんがぬるゲー的な印象にもつながっているのだけど、逆に現代日本人ならこれぐらいでないとやっていけないよなとも思えた。しかしそんなだからやはり展開が単調にも感じられた。また恋愛要素も鈍感主人公に2023/03/22

niz001

2
現実にダンジョンが―系。一応死にはするんだけど条件が緩いんで緊張感に乏しい。というかこいつら両手に花でイチャイチャしてるだけやな。2023/05/08

菊地

0
現代ダンジョンもの。 最大レベルが低すぎる・一般の冒険者でも割と早く到達できてしまう辺りが特徴と言えば特徴だけど、それが面白さに繋がっているかという、うーん。 この系統の類似作品と比べると強みは感じないし、主人公のキャラクターに魅力を感じられないしで、この作品特有の良さは感じられなかった。 僕には合わなかったかなぁ。2023/09/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20579941
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。