ファミ通文庫<br> 友人に500円貸したら借金のカタに妹をよこしてきたのだけれど、俺は一体どうすればいいんだろう?〈3〉

個数:
電子版価格
¥748
  • 電書あり

ファミ通文庫
友人に500円貸したら借金のカタに妹をよこしてきたのだけれど、俺は一体どうすればいいんだろう?〈3〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月13日 11時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 245p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784047371453
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報



としぞう[トシゾウ]
著・文・その他

雪子[ユキコ]
イラスト

内容説明

『求くんってさ、朱莉のこと好きでしょ』みのりにつっこまれ、求はしどろもどろになりながらもついに自分の気持ちと向き合った。8月の末、500円返済という名目ではじまった求と朱莉の同棲生活も終わりがみえている。もうすぐお別れということで、この夏を振り返ったり、渾身の料理を一緒に作ってみたり…そして朱莉が帰る前日、二人っきりで花火大会を見に行くことに。思い出だけで本当にいいのか。悩む求と、別れを前にした朱莉の恋の行方は―!?ひと夏のワンルームドキドキ同棲生活、決意の第3弾!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

34
みのりにつっこまれ、求はしどろもどろになりながらもついに自分の気持ちと向き合った8月末。思い出だけで本当にいいのか。悩む求と、別れを前にした朱莉の恋の行方が描かれる第三弾。終わりが見えてきた500円返済という名目で始まった求と朱莉の同棲生活。もうすぐお別れということで、この夏を振り返ったり、渾身の料理を一緒に作ったり、朱莉が帰る前日二人で行くことになった花火大会。ここまで来るともう求の頑張り次第かな…という思いで読んでいましたが、期待に見事応えてくれた求に嬉し過ぎてテンションが上がる朱莉が可愛かったです。2022/08/31

ナギ

25
優しすぎる世界なのに最後まで駆け抜けちゃいました。巻数出して良いって事であればライバルになってたはずのキャラもおとなしく無事に完結したようです。一途なヒロインが鈍感主人公との愛を形にしていく普通の作品ですがそれが良いという感じの爽快さがありました。2022/10/04

nishiyan

15
みのりのつっこみにようやく自分の気持ちに気が付いた求。もう八月末、朱莉との別れが迫っていて…という本巻。両想いになってからお互いに告白するまでのグダグダ感と甘さのひどいことひどいこと(笑)。夏休み終了に焦る朱莉と初恋に戸惑う鈍感な求だからこその展開。材料の調達から始まる二人で作るカツカレーはこちらの方こそご馳走様という感じ。そして花火を経て二人はようやく…。帰宅後のやりとりも初々しくて好きだが、エピローグでのすっかり尻に敷かれている感も良く素敵なラストだった。2022/11/17

rotti619

15
兄が借りた500円のカタに求の所に転がり込んできた朱莉との同棲生活3巻目。ついに夏休み最終週、これが終わると受験の為帰らなければならない朱莉と、自分の気持ちに気付いた求が最後の思い出作りに花火大会へ初デートをするお話。結果どうなったかは触れないが、クライマックスはイラスト付きで最高にエモかったのと、その後のアワアワする2人は尊かった。実質最後の3日間がメインの話だったが、その3日の間に起きた事は全て尊みに溢れていた。2022/08/30

半熟タマゴ

14
朱莉に向ける気持ちと向き合って本当の想いを自覚した求。2人の同棲生活も終わりが近づいてきて、しんみりした気分になっていたのですが…。花火大会で2人の関係が大きく進展し、幸せな気持ちで別れのシーンを迎えることができてよかったです。これからの2人の話もまだあるのが楽しみですね。2023/11/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20017462
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。