ファミ通文庫<br> 友人に500円貸したら借金のカタに妹をよこしてきたのだけれど、俺は一体どうすればいいんだろう〈2〉

個数:
電子版価格
¥748
  • 電書あり

ファミ通文庫
友人に500円貸したら借金のカタに妹をよこしてきたのだけれど、俺は一体どうすればいいんだろう〈2〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月24日 18時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 288p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784047369313
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

「でも、先輩は今、私と暮らしてるじゃないですか!」
兄の借金(500円)のカタとして白木求の部屋に押しかけてきた宮前朱莉。絶世の美少女との同棲生活は、小さなアクシデントはありつつも何故か順調にすぎていた。とはいえ朱莉は受験生。求と兄と同じ大学を目指す彼女のために、オープンキャンパスに同行することになった。そして当日の朝。「きちゃった」と、懐かしくも見知った美少女が、いきなり求の部屋を訪ねてきて――!? 朱莉の親友りっちゃん襲来&オープンキャンパスに海水浴! 思わぬイベント満載の、ひと夏のワンルームドキドキ同棲生活第2弾!!

内容説明

兄の借金(500円)のカタとして白木求の部屋に押しかけてきた宮前朱莉。絶世の美少女との同棲生活は、小さなアクシデントはありつつも何故か順調にすぎていた。とはいえ朱莉は受験生。求と兄と同じ大学を目指す彼女のために、オープンキャンパスに同行することになった。そして当日の朝。「きちゃった」と、懐かしくも見知った美少女が、いきなり求の部屋を訪ねてきて―!?朱莉の親友りっちゃん襲来&オープンキャンパスに海水浴!思わぬイベント満載の、ひと夏のワンルームドキドキ同棲生活第2弾!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ナギ

23
ひたすらに一途なヒロインとその周りの微笑ましい関係に平和だなと感じる。りっちゃんがライバルになるのかと思ったけれどそういうつもりもないようですが、未練はあるようで?鈍感主人公と一途なヒロインという構図は不変なのでしょうか?次巻が楽しみです。2022/10/04

よっち

22
小さなアクシデントはありつつも、何故か順調過ぎていた朱莉との同棲生活。そんな二人が生活する求の部屋に、突然朱莉の親友みのりが襲来する第二弾。朱莉たちの前に突如現れた彼女の親友みのりと求の意外な繋がり。二人と一緒に行くオープンキャンパスや海水浴だったりとイベントが続く中で、朱莉は求との距離を縮めようと一生懸命アプローチしていて可愛かったですけど、求の筋金入りの鈍感っぷりはほんとなかなか手強いですね…(苦笑)そんな展開が微笑ましかったからこそ、その後にあったみのりの過去エピがまた違った意味で印象に残りました。2022/03/28

nishiyan

16
小さなアクシデントはあるものの朱莉との同棲生活を順調に過ごしてきた求。そんなある日、二人の元に朱莉の親友りっちゃんこと求とは旧知の仲のみのりが強襲する本巻。オープンキャンパスに海水浴&旅行とイベント満載で結愛&みのりのサポートを受けながら求にグイグイ迫るも要所でヘタレる朱莉が愛らしい。しかし他人の好意を受け入れたら死ぬ設定でもあるのかと思うぐらい求の鈍感さには…(笑)。みのりの過去話といい、ヒロイン陣がこうも報われないのは可哀想すぎる。このドキドキの夏休みも終盤を迎える次巻がどうなるのか。楽しみです。2022/04/04

rotti619

16
兄の借金のカタ(500円)と称し、なし崩し的に夏休みの間主人公歩の元へ転がり込んできた朱莉との同居生活も後半、相談相手のりっちゃんの登場やオープンキャンパス、泊りがけの海水浴と、夏を満喫する第2巻。りっちゃんと歩の意外な関係や従姉妹の結愛との近すぎる距離感等、朱莉の心配は耐えないが基本的には歩と馴染んでイチャイチャ生活を送っていた。歩の鈍感具合も半端ないが、朱莉の方も現状に満足していて中々踏み込めずにいるが、残り日数的に間に合うのだろうか不安になる。最後のりっちゃんの独白は気持ちがわかるだけに切なかった。2022/03/30

真白優樹

11
朱莉との同居生活にも慣れだす中、彼女の相談相手であり求の旧知でもあった親友、みのりがやってくる今巻。―――触れる思いと巡る心、近づく距離は何センチ? みのりを交えてオープンキャンパスへ行ったり、息抜きで皆で海へ出かけたり。夏らしいイベントが満載の中、じれったいラブコメが更に深まる、確かに一つ甘くなる巻である。変わりゆく想いは恋へと向かず、迫るは別れまでの期限。果たして遺された時間は僅かの中、朱莉の思いは成就するのか。このもどかしいにも程のある恋路は、どこへ進むのか。 次巻も須らく期待であるべし。2022/03/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19393243
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。