ファミ通文庫<br> むすぶと本。『嵐が丘』を継ぐ者

個数:
電子版価格 ¥737
  • 電書あり

ファミ通文庫
むすぶと本。『嵐が丘』を継ぐ者

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月06日 16時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 352p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784047364264
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

本は読み手を、いつも見守ってくれている。本の声が聞こえる少年・榎木むすぶが、学園のアトリエを訪れると妖精が泣いていた。妖精のような少女は姫倉蛍といい、悠人先輩の妹だという。むすぶは先輩から妹が本に“罹患”しているのではないかという深刻な相談をされる。本と深く共鳴する“罹患”は、時に人を破滅的な行為に走らせてしまう危険な状態だ。さっそく蛍をよく知る本たちに話を聞きに行ったむすぶは、思わぬ壁にぶつかってしまい――。むすぶは本の言葉を解き明かし、少女の涙の理由を知ることができるのか!?

内容説明

本は読み手を、いつも見守ってくれている。本の声が聞こえる少年・榎木むすぶが、学園のアトリエを訪れると妖精が泣いていた。妖精のような少女は姫倉蛍といい、悠人先輩の妹だという。むすぶは先輩から妹が本に“罹患”しているのではないかという深刻な相談をされる。本と深く共鳴する“罹患”は、時に人を破滅的な行為に走らせてしまう危険な状態だ。さっそく蛍をよく知る本たちに話を聞きに行ったむすぶは、思わぬ壁にぶつかってしまい―。むすぶは本の言葉を解き明かし、少女の涙の理由を知ることができるのか!?

著者等紹介

野村美月[ノムラミズキ]
福島出身。『赤城山卓球場に歌声は響く』で第3回えんため大賞小説部門最優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

51
本の声が聞こえる少年・榎木むすぶが、学園のアトリエを訪れると泣いていた妖精。むすぶは悠人先輩から妹が本に罹患しているのではという深刻な相談をされる第二弾。万引される本たちの悲しみ、サッカー部・赤星に言い寄られ困るハナちゃん、悠人先輩の妹・蛍が抱える複雑な想い、赤星がひた隠すコンプレックス、そして夜長姫との出会いのエピソード。人の心の機微には疎いけれど、辛い思いをしている本や人のことを放っておけなくて、だからこそむすぶはみんなに愛されるんですよね。夜長姫の嫉妬も可愛いけど、ハナちゃんとの今後も気になります。2020/11/27

かんけー

46
読了♪本に恋する榎木むすぶの日常系ビブリアファンタジーの第二弾(^.^)「小僧の神様」は神様に会いたかった」しおちゃんと小僧くんの思いが純粋で良いですね~(⌒‐⌒)今問題の本◯盗を題材に、いじめと義理との狭間で苦悩するしおちゃんの心理描写が的確でニンマリ♪相変わらず悠人先輩のブラックさが抜きん出ていて可笑しい(^_^;)夜長姫の怨念wも相変わらずで可愛い過ぎる~♪各オムニバスの章末夜長姫のモノローグが楽しく可愛い♪「ハナちゃんのことが好きで好きでたまらなかった優しい本の姉妹たち」ハナちゃんとは妻科さん→2020/12/05

まるぼろ

45
さて今巻、放課後にむすぶが古書店で見つけた「さらわれて売られてきた」本と、かつて売られていた書店の子の「シオちゃん」に纏わるお話から始まる五編のお話です。今巻もとても面白かったです。印象に残ったのはやはりというか蛍が中心の姫倉家のお話と赤星先輩と妻科さんのお話でした。それにしても真貴さんも波乱万丈な人生を送っていますね…、そんな母親との違いに、いい話ながらも苦悩する蛍と特殊な部類の人と悟っている悠人先輩の対比が面白かったです…w 赤星先輩の話については…、これまたむすぶもかなり特殊な部類に入るんだなと→2020/12/08

ゆなほし

44
シリーズ2作目。むすぶが学園のアトリエを訪れると、妖精のような少女が泣いていて…。今巻も、むすぶが本の声を元にさまざまな事件を解決していくが、1番気になっていた彼の恋人本「夜長姫」との出会いについてのお話が収録されているのが嬉しい。まだまだ全ては語られておらず、非常に続きが楽しみだ。「嵐が丘」という本は初めて知ったのだが、とても情熱的なお話のようで、そちらも機会があれば読んでみたい。相変わらずむすぶと夜長姫のいちゃいちゃシーンはむず痒くなるくらいだが、嫉妬深い夜長姫が可愛いので許す!2021/01/04

わたー

34
★★★★★万引き退治に、恋愛に、夜長姫との出会い。連作短編形式で語られる物語は、やはりどのエピソードも至極の出来。なまじ本たちの声を聞けるせいか、生身の人間の機微に疎いむすぶ君に対し、自分に振り向かせようと宣戦布告するハナちゃんがなんともいじらしくて好き。ただ、そのムーブは負けヒロイン一直線なので、今後のシリーズで巻き返して欲しいかな。2020/12/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16894534

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。