原作開始前に没落した悪役令嬢は偉大な魔導師を志す―乙女ゲーム?何それ、魔術用語?

個数:
電子版価格
¥1,320
  • 電書あり

原作開始前に没落した悪役令嬢は偉大な魔導師を志す―乙女ゲーム?何それ、魔術用語?

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年04月24日 18時05分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 304p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047362369
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

「やった! 私、本当に転生してる!」
神様の力で貴族の娘アナベラ・チェルソンとなり、好きな恋愛ゲームの物語開始前に転生した三十代の女性会社員。すぐさま彼女は自分の推しキャラである王太子チャールズとその婚約者であり悪役令嬢のフェリシアを攻略すべく、チェルソン家の内政を整えながら自分を優秀な魔導師に成長させることに。数年後、恋愛ゲームの舞台となる魔法学園に入学した彼女だったが、そこにいたのは没落したフェリシアだった!!
「私の知ってるフェリシアじゃない!? なんで没落してるの!?」
誰にも予測できないファンタジーラブコメ、開幕!

内容説明

神様の力で貴族の娘アナベラ・チェルソンとなり、好きな恋愛ゲームの物語開始前に転生した三十代の女性会社員。すぐさま彼女は自分の推しキャラである王太子チャールズとその婚約者であり悪役令嬢のフェリシアを攻略すべく、チェルソン家の内政を整えながら自分を優秀な魔導師に成長させることに。数年後、恋愛ゲームの舞台となる魔法学園に入学した彼女だったが、そこにいたのは没落したフェリシアだった!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

TAMA

8
いろいろあっても(女の子は)許すんだねえ。器が大きい、でも父親に結構きつく言ったところでやっぱりそれなりに傷になって苦しいと思ったことを忘れてないんだなあと。やり返すところも賢く、作者さんの人生の哲学が透ける気もする。あとキャラ付けなんだろうけれど最後まで男語尾が気になる。池田理代子先生の男装する女の子の心の底の葛藤みたいなもの?表面的にうまく生きてるけれど苦しいっていうことかと思うとまた深い2020/12/28

ちゃか

3
乙女ゲーヒロインに転生したキャラが、前世知識の発明を齎したことで、ある貴族が没落。それこそが悪役令嬢になるはずだった主人公フェリシアの実家で……一度落ちぶれたことで、生まれ変わったフェリシアの在り方はかなり好ましいですね。困窮の中で家族に暴力を振るわれたりもしてきたようで、傷ついた彼女が救われていってほしいものです。2023/02/16

菊地

2
主人公が漢気溢れていた。好き。2022/01/14

orz_3sssss

1
魔理沙やんけ! 乙女ゲー転生設定 主人公アナベラ(転生者)の発明のせいで没落してしまった悪役令嬢フェリシア(非転生者)が主人公。 フェリシア学園生活を満喫して、ゲームの攻略対象に好かれつつ、魔導士としての鍛錬を欠かさない話。 スペック高い悪役令嬢が、貧民街のスリにまで身を落としたことで、視野が広い熱血な人物になっている。 なにか陰謀に巻き込まれそうな引きだったので、 続巻を読みたいのですが、今のところ出てないのですね……n2022/03/20

リイエル

0
Web版既読。悪役令嬢ものに見せかけた百合と科学もの。高度に発達した科学は魔法と区別がつかないですからね。改めて読み返すと、あのイベントの伏線ここにあったのかとかそういうのをしっかり見つけられて楽しかったです。多分続刊出ると思うんですけど、先がしっかり見えてるのは楽しみです。この作品、どういう着地点で終わるのかな…?2020/09/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16105566
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。