ファミ通文庫<br> あなたのことならなんでも知ってる私が彼女になるべきだよね

電子版価格 ¥737
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ファミ通文庫
あなたのことならなんでも知ってる私が彼女になるべきだよね

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 316p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784047362178
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

「好きな男の子の心拍に合わせてスマホが震えるの最高」
全国模試1位、高校生ながらその腕で荒稼ぎしている凄腕プログラマー。けど人間嫌いで誰とも喋らない九条紅は、隣の席の宮代空也が大好きだった。初めての感情に戸惑う紅は、その高い技術で空也の情報を集めることが趣味になっていた。集めた情報をもとに十日に一回、空也に話しかけるせつない日々。しかし空也は“人の感情が色で見える”という特殊能力の持ち主で、紅のひそかな好意に気づいており――! 気持ちが言えないハイスぺ女子×恋に不信な特殊能力男子のすれ違いラブコメ!

内容説明

「好きな男の子の心拍に合わせてスマホが震えるの最高」全国模試1位、高校生ながらその腕で荒稼ぎしている凄腕プログラマー。けど人間嫌いで誰とも喋らない久城紅は、隣の席の宮代空也が大好きだった。初めての感情に戸惑う紅は、その高い技術で空也の情報を集めることが趣味になっていた。集めた情報をもとに十日に一回、空也に話しかけるせつない日々。しかし空也は“人の感情が色で見える”という特殊能力の持ち主で、紅のひそかな好意に気づいており―!気持ちが言えないハイスペ女子×恋に不信な特殊能力男子のすれ違いラブコメ!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

40
描く絵が評価される一方で、人の感情が色で見える特殊能力の持ち主・宮代空也。そんな彼に密かに恋する隣の席の美少女・久城紅の青春ラブコメディ。悩める訳あり主人公の周囲をがっちり固めるパーフェクト幼馴染・翠香、凄腕プログラマの技術を活かし空也のデジタルストーキングにいそしむコミュ障美少女・紅。けれどそこからもう一歩が踏み込めないもどかしい彼女たちの重い所業には強烈なインパクトがあって、二人の彼を想う覚悟や気持ちもまたどこまでも真摯で、ゾクゾクするようなじわじわ効いてくるようなそんな物語の結末がまた印象的でした。2020/08/27

わたー

33
★★★★★他人の感情を色として読み取ることのできる共感覚をもつ青年と、彼を慕うクールビューティーなポンコツデジタルストーカーの少女が織り成すラブコメ。序盤は彼を取り巻く環境をひと匙の不穏さを添えて。中盤はヒロイン目線で、不馴れな恋に翻弄される心と技術力の高さにモノを言わせた行為をコミカルに。そして終盤のシリアス展開。素晴らしいの一言に尽きる。特にラストの、彼と過ごした思い出も彼を救うと決めた過去も、何もない自分だけど、ただ彼のことが好きだと人知れず泣く彼女の姿に心を打たれた。彼女が報われる続編を希望する。2020/09/02

まっさん

31
★★★☆ 作者の前作がかなり刺さったので購入した今作。 発売してから結構な時間が経ってしまったが、観測範囲内ではとても評判が良い作品だったためにハードルが高かったにも関わらず、そのラインを飛び越えてくる面白さを感じる事が出来た。 物語の序盤では表紙のヒロインが電子機器を用いたストーカーであり、主人公が他人の感情を「色」という形で認識する事が出来るという二重の設定が少し詰め込み過ぎ感を感じさせるのではないかという心配があったものの、どちらも満遍なく物語に組み込んでくる構成の仕方は読んでいてとても楽しかっ→2021/05/18

星野流人

29
この作品は、言わばストーキングラブコメとでも表現しましょうか。表紙の久城紅はクラスメイトの宮代空也が好きすぎて、スマホからリアルタイムでデータを抜き取って監視しているストーカー女です。空也との距離が縮められないまま、抜き取ったデータで満足している久城さんはかなり“ヤバい女”感がありました。一方で絵描きの才能を持つ空也もまた“人の感情が色で見える”という特殊能力があり、それが物語に大きな波乱を生み出します。混沌とした物語でしたが、描かれているクソデカ愛情は堪能させていただきました。2021/06/19

ツバサ

24
過去の傷に苦しむ主人公に寄り添う、クレイジーヒロイン2人。あれ?ヒロインとは?ここまで振り切った犯罪や道徳を犯してくると笑える。前半、中盤、終盤とがらりと雰囲気が変わっていき、最後に見せたヒロイン2人の勇気には拍手ですね。2020/09/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16254758

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。