じんるいのみなさまへ―わたしたちの場所

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

じんるいのみなさまへ―わたしたちの場所

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月20日 01時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 328p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047356672
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

邑楽幽々子が長く朧げな夢から目覚めると、そこは荒廃した秋葉原だった。
不思議なことに仲の良い友人たち以外は誰もいない。
皆でアキバ旅行に来ていたはずが、無人の街で生きていくため幽々子たちは自給自足の生活を送ることに。
試行錯誤しながら力を合わせ、少しずつ快適な生活を築いてゆく日々。
施設のトラブルなども乗り越えるなかで、彼女たちはとある真実にたどり着くのだが……。

内容説明

邑楽幽々子が長く朧げな夢から目覚めると、そこは荒廃した秋葉原だった。不思議なことに仲の良い友人たち以外は誰もいない。皆でアキバ旅行に来ていたはずが、無人の街で生きていくため幽々子たちは自給自足の生活を送ることに。試行錯誤しながら力を合わせ、少しずつ快適な生活を築いてゆく日々。施設のトラブルなども乗り越えるなかで、彼女たちはとある真実にたどり着くのだが…。ゲーム版メインシナリオライターによるガールズADV公式小説登場!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

サケ太

25
とうとい……。帯の深見真推薦!!に惹かれて購入。旅行先の“秋葉原”で目を覚ました少女たち。彼女たち以外に人はいない。思い浮かぶ秋葉原とはまるで違う廃墟のような街。そこで少女たちは生きるために動き始める。少女たちのやり取りがとても良い……。邑楽幽々子の視点から語られる秋葉原情景と不安、互いに協力して育まれる友情。六人の個性的な少女たちが“ともだち”からともだちに成る過程。作中終盤まで蔓延する不安感が物語を先に読みたくさせる。とても良かった。2019/07/02

ぶなぶな

12
六人の女の子が目覚めると荒廃した秋葉原が広がっていた。旅行に来たはずだったが、生きていくため仲良く自給自足の生活をすることになり…という物語。面白かった。現状に違和感を抱かない様子に少し緊迫しつつも、より良い暮らしのために工夫を凝らして協力する彼女らの賑やかなやり取りが楽しい。曖昧な記憶とその真実を受けてもなお変わらないともだちの絆が強くて眩しいと思った。みんな友達想いでいい子だが京椛の真っ直ぐさと永里那のマイペースながら思いやりの深いところが特に好き。幽々子と永里那の親密な感じも素晴らしかった。2021/05/02

タイコンデロガ級

6
幽々子の語りが良いですね。わたしは地の文が一人称視点の小説がすきなので。 永里那サマとの関係もゲームより深くかかれていて嬉しいです。この二人、凄いすき。 …ゲーム版のゲーム性自体の悪評はもうその通りですとしか言えないんですが、「じんるいのみなさまへ」はSF系百合ものとしてとても面白い話しの作品です。わたしはゲーム含めてこの作品に出会えてよかったと思っていますです。2019/07/14

ひとみ

5
秋葉原のホテルで目覚めた少女たち。友達同士で観光に訪れたはずだが、快適で清潔な暮らしが保証されているホテルの外には人はおらず廃墟だらけになっている。いつ尽きるかもしれない食料や資源を確保するために力を合わせ、知恵を出し合い少女たちは和気藹々とサバイバル生活を始めるが、自分たち以外に人がいない理由や街が廃墟になっていること、家族に関する記憶などを思い出そうとすると眠気に襲われるなど不可解な問題に向かわざるを得なくなる…と書くとなにやら恐ろしいが、ほのぼのと優しいポストアポカリプス小説だった。嫌いではない。2019/08/16

れむれむ

4
個性豊かな女子6人の秋葉原ゆるゆるサバイバル…と思っていたら想像以上にハードSF(?)な展開に接続していき、それでも変わらずあり続ける「わたしたち」の関係性がとても良い。 2019年の作品で、今思えばハヤカワ百合SFの流れにも通ずる部分を感じたり。 各章の間で入る夢パートが物語のフックとして上手く機能していて読みやすく、キャラの掛け合いやRPG感など良い意味でゲーム要素を感じるノベライズでした(買って積んでいるPS4版やりたい…)。 CP的には永里那サマが正義なんですけど、元気っ子好き的には和海推しです。2021/02/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13881139

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。