ファミ通文庫<br> 八月のシンデレラナイン―北風に揺れる向日葵

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり

ファミ通文庫
八月のシンデレラナイン―北風に揺れる向日葵

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月28日 20時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 256p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784047351073
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

「一緒に、甲子園に行こう!」中学時代に肩を壊し、野球選手としての道が閉ざされてしまった主人公、八上浩太。野球部の無い高校に入学した彼だったが女子野球部を創部しようと奮闘する同じクラスの有原翼に誘われ監督(仮)を請け負うことに。部員集めに苦心する翼と八上達の前に、季節はずれの転校生エレナが現れる。2人はエレナを野球部に勧誘しようとするのだが……。「一緒に、甲子園に行こう!」青春体験型野球ゲーム『八月のシンデレラナイン』小説版登場!

Akatsuki[アカツキ]
原著/イラスト

片瀬 チヲル[カタセ チヲル]
著・文・その他

内容説明

中学時代に肩を壊し、野球選手としての道が閉ざされてしまった主人公、八上浩太。野球部の無い高校に入学した彼だったが女子野球部を創部しようと奮闘する同じクラスの有原翼に誘われ監督(仮)を請け負うことに。そして部員集めに苦心する翼と八上達の前に、季節はずれの転校生エレナが現われる。2人はエレナを野球部に勧誘しようとするのだが…。「一緒に、甲子園に行こう!」青春体験型野球ゲーム『八月のシンデレラナイン』小説版登場!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

白狐

12
最後が何か慌ただしくまとめた感はあったが、面白く読めた。ゲームの方もやっていたので、背景も分かりやすかった。さて、次巻を読みますかね(笑)2020/09/11

真白優樹

9
肩を壊し、選手の道を閉ざされた少年が、女子野球部を作ろうとする少女に出会い、始まる物語。―――例え道程がどれ程遠くても、叶えたい夢がある。誰も実現した事のない、可能かも分からぬ遠い夢。例えそうだとしても、諦めきれない。夢を失い燻る炎が、今燃える炎に出会い再び燃え始めるこの物語。まごう事なき青春の爽やかさと、果てない夢を追い0から、一歩ずつ努力する王道。そんな真っ直ぐな青春の輝きが見える、ソシャゲ原作の物語であり、個人的に続きが見てみたくなる物語である。夢の続きのその先は。 期待を込めて次巻も楽しみである。2018/05/05

リク

8
いやー、マジでいいっすわー。爽やかな気分になれる青春ストーリー。女子野球部で甲子園出場。そんな夢を叶えるために努力する少女たちが眩しすぎる。男子には選択肢の一つである高校野球も女子にとっては部を立ち上げるだけで一苦労。でも翼たちは本当に楽しそうに、野球が出来ることを喜びながらプレイしてるところがすごくいい。野球好きとしては野球モノのラノベもっと増えてほしい。綺麗に締まってるけど、続きで彼女たちの試合も見てみたい。個性的なメンバーもまだ多いし。それとも続きはアプリでということか。再インストールしようかな…。2018/05/02

文也

3
自分史上最長記録を更新しながら遊んでるソシャゲのノベライズ。頭抜けた野球の才能を持ちながら、性別の壁に阻まれユニフォームを脱いだ少女、有原翼と、同じく頭抜けた才能を持ちながら肩を壊しユニフォームを脱いだ少年、八上浩太。二人は「甲子園に行きたい」という想いの元、選手と監督という立場で再びユニフォームに袖を通す、というのが本筋のストーリー。このノベライズはロシア人クォーターの新キャラと部活結成組が中心の、創部直後の時期の物語。時系列とか何とか気にしてはいけない。あとね、鈴木さんも表紙に載せてあげて下さい……。2018/09/26

ミヤザワ

3
野球にかける思いと青春の爽快さが伝わってくる小説。ヒロインの野球の本気度をはかるための無制限素振り対決が熱い。ロシア人クォーターのオリジナルキャラを交えつつ、短い中でも一人ひとりの悩みや考えを丁寧に描いている。肩を壊した八上浩太が、甲子園を目指す有原翼に出会い、女子野球部の監督として奮闘する物語。メンバーが集まっていないので試合をするまではいかなったところが若干残念か。しかし、練習をするなかでヒロインたちの魅力を引き出すシナリオがおもしろい。女の子と野球、爽やかな1冊でした。2018/04/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12795273

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。