ファミ通文庫<br> 賢者の孫〈8〉遊嬉宴楽の英雄生誕祭

個数:
電子版価格 ¥671
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ファミ通文庫
賢者の孫〈8〉遊嬉宴楽の英雄生誕祭

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月12日 00時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 320p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784047350533
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

新英雄シン、シシリー、マリアの生誕祭開催!!賢者マーリンと導師メリダの力を借りて魔人の侵攻を食い止めたシン達は、次の戦いに備えるため憩いのひとときを過ごしていた。そんな中おとずれた、シン、シシリー、マリアの誕生月が同じであることを知ったオーグの提案により、シンの家でパーティを開催することに。しかしなんとそこにはエカテリーナ教皇とアーロン大統領が!! 彼らはシン達の誕生日を祝うために出席したと言うのだが――。大人気異世界ファンタジーライフ、第八弾登場!!


吉岡 剛[ヨシオカ ツヨシ]
著・文・その他

菊池 政治[キクチ セイジ]
イラスト

内容説明

賢者マーリンと導師メリダの力を借りて魔人の侵攻を食い止めたシン達は、次の戦いに備えるため憩いのひとときを過ごしていた。そんな中おとずれたシン、シシリー、マリアの誕生月が、同じであることを知ったオーグの提案により、シンの家でパーティを開催することに。しかしなんとそこにはエカテリーナ教皇とアーロン大統領が!!彼らはシン達の誕生日を祝うために出席したと言うのだが…。大人気異世界ファンタジーライフ、第八弾登場!!

著者等紹介

吉岡剛[ヨシオカツヨシ]
趣味で小説投稿サイト『小説家になろう』に連載していた『賢者の孫』が編集者の目に留まり小説家デビューする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

真白優樹

2
魔人達との戦いが一段落する中、シン、シシリー、マリアの合同誕生会が開かれる今巻。―――願うなら、ここに貴方がいてほしかった。 戦闘描写は一旦お休み、日常に戻り久々の心からのバカ騒ぎ。そんな中に描かれるのはあの時語られた最初の魔人の真実、そして教皇が愛した人の事。もしその願いが叶っていたなら、シンの在り方は根底から異なっていた筈。そんなもしもの可能性も匂う中の、どこか気の抜けぬ誕生会。果たして、この平和はこれからも続くのか。動きを止めた魔人達の思惑、そして戦いの行方とは。 次巻も早く読みたいものである。2018/04/04

ちいたけ

1
すごい誕生パーティー。(笑)2018/04/13

蒼夏凛

1
カーチェが可愛い2018/04/11

四乃森ゆいな@『犬系男子と鳳仙花』続刊制作決定!

0
今巻は完全に休息回でしたね。ですが、前巻読んだ【番外編】のお話をシン君たちが聞いて、昔の国の情勢や魔人のお話などが『英雄の絵本』と違っていたことに驚いてましたね…。さすがにあれは私も泣きました…😭何か平和的に終われる方法は無かったのか…。うぅ…。また、番外編2巻目の方に登場するであろうマーリンとメリダの息子や、その弟子であったアーロンやエカテリーナさんまでもが出てきました!そしてやはり、あの子はもういないんか…。話聞く感じそうっぽいな…。2021/12/15

ぎゃばん

0
再読2020/05/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12687406

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。