ファミ通文庫<br> 佐伯さんと、ひとつ屋根の下―I’ll have Sherbet!〈4〉

個数:
電子版価格 ¥726
  • 電書あり

ファミ通文庫
佐伯さんと、ひとつ屋根の下―I’ll have Sherbet!〈4〉

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2022年05月23日 02時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 288p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784047350120
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

ちょっとHな女の子と、同棲&学園ラブコメディはいかがですか?すれ違いを経て、あらためてお互いの気持ちを確かめ合った僕こと弓月恭嗣と佐伯さん。いつもの生活が戻り、水の森高校では文化祭が催される季節に。そんなある日の昼休み、桑島先輩が僕を訪ねてくる。先日のことを気にする彼は、埋め合わせに、佐伯さんとふたりで近くの大学の学園祭に行ってきてはどうかと提案してきて――。常に冷静な弓月くんと、とびきりの美少女なのにちょっとHな佐伯さんが繰り広げる同棲&学園ラブ・コメディ、第4幕。

九曜[クヨウ]
著・文・その他

フライ[フライ]
イラスト

内容説明

すれ違いを経て、あらためてお互いの気持ちを確かめ合った僕こと弓月恭嗣と佐伯さん。いつもの生活が戻り、水の森高校では文化祭が催される季節に。そんなある日の昼休み、桑島先輩が僕を訪ねてくる。先日のことを気にする彼は、埋め合わせに、佐伯さんとふたりで近くの大学の学園祭に行ってきてはどうかと提案してきて―。常に冷静な弓月くんと、とびきりの美少女なのにちょっとHな佐伯さんが繰り広げる同棲&学園ラブ・コメディ、第四幕。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

37
すれ違いを経て、あらためてお互いの気持ちを確かめ合った佐伯さんと弓月君の同棲ラブコメ第四弾。前回ですれ違った分を取り戻すかのような甘ーいいラブコメをとくと見よ!な今回。最初はちょっとぎこちなかったけど、いつもの感じに戻ってからはもう大変。ひたすらニヤニヤが止まらない、そんな佐伯さんと弓月君のイチャイチャをお腹いっぱいになるまで堪能させてもらいました。周囲との関係もある程度いい感じになって来てるし、この先何があっても二人なら大丈夫やろうな。フライさんのイラストも完璧やし、まだまだ続きを楽しみにしてます。2018/02/28

よっち

35
すれ違いを経て改めてお互いの気持ちを確かめ合った弓月くんと佐伯さん。イベント続きの時期が近づく中、少しずついつもの生活に戻ってゆく二人が描かれる第四弾。おっかなびっくりな二人の距離感と、ことあるごとに改めて自覚してゆく相手への想い。佐伯さんの積極的なアプローチも彼女を大切に思う弓月くん相手だからで、ハプニングにあたふたする姿が可愛いですね。どこか醒めた弓月くんの態度の由来も明らかになり、周囲ともなかなかいい距離感になって、お互い理解を深めてゆく二人の関係がどうなってゆくのか、また読んでみたいと思いました。2018/02/26

もも

34
前回のようなすれ違いはなく、その面では平和でした。でも弓月くんの過去も分かり、よりお互いの距離が縮まったようですね。将来やりたいことも決まったし、一区切りはついたみたいだけど、次巻も楽しみです♪それにしても今回はいちゃいちゃがいっぱいでしたね^ ^ お互いちゃんと支えることの出来る良いパートナーです。これからの2人にも期待!2018/03/05

むっきゅー

29
安心して読めました。前巻の学園祭でのすれ違いは、弓月くん・佐伯さんともにトラウマになったようですが、ボクもトラウマになったんだからね。さて、互いにかけがえのない存在であることを、まさに身をもって知った二人でしたが、これまでを取り戻すかのように確かな愛を育んでいく。ラブラブですね。今巻ではついに、母親との確執の原因が明らかに。正直これはキツい。そして、弓月くんに訪れた人生の大きな転機と、その幸せな結末。最高のラストだったわー...って次巻もあるんか!番外編の未来を信じたいけど、なぜか不安になる我が輩..。2018/03/02

AKF-ZERO

23
web版既読。前巻からの影響で、ぎこちないながらも同居生活を再開した佐伯さんと弓月君。すれ違い、距離をとっていた日々を埋めるかのようなイチャコラに、ちょっぴりぇろいエッセンス。思い返せば弓月君の鉄壁のガードもずいぶんと軟らかく、低くなったなあ…。(遠い目 番外編の二人の未来を妄想した佐伯さんが、一途で健気で可愛くてもうたまらんとしか。弓月君はなんて幸福者だろう。妄想ではあるけど、これもう確定した未来みたいなものでしょうw2018/05/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12636876

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。