ファミ通文庫<br> 親しい君との見知らぬ記憶

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり

ファミ通文庫
親しい君との見知らぬ記憶

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 320p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784047349575
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

必ず君を救い出す。たとえ何を失おうとも――。夢の中で見知らぬ少女と出会い、共に過ごすようになっていた幸成は、ある日、初めて訪れた場所に既視感を覚え、そこで夢の中の少女、優羽子と出会う。そして何と彼女もまた夢で幸成と出会っていたと言う。それから二人はその現象を確かめ合うため、一緒に出かけるようになり、やがて恋に落ちる。しかし全てが順調に思えたある日、突然優羽子が倒れ、昏睡状態に陥ってしまい……。同じ夢を共有する二人の、ある奇跡を辿る物語――。


久遠 侑[クドウユウ]
著・文・その他

Tiv[ティブ]
イラスト

内容説明

夢の中で見知らぬ少女と出会い、共に過ごすようになっていた幸成は、ある日、初めて訪れた場所に既視感を覚え、そこで夢の中の少女・優羽子と出会う。そして何と彼女もまた夢で幸成と出会っていたと言う。それから二人はその現象を確かめ合うため、一緒に出かけるようになり、やがて恋に落ちる。しかし全てが順調に思えたある日、突然優羽子が倒れ、意識不明の状態に陥ってしまい…。同じ夢を共有する二人の、ある奇跡を辿る物語―。

著者等紹介

久遠侑[クドウユウ]
1988年生まれ。埼玉県出身。第16回えんため大賞優秀賞受賞。2015年、受賞作を改題・改稿した『黒崎麻由の瞳に映る美しい世界』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

42
夢で見る記憶、これはそんな知らない記憶を共有する2人の恋と奇跡を描いた物語。なんて素敵な物語なんだろう。小難しい事は正直分からないけど、この作品がとにかく素敵でとても綺麗なものなんだという事は分かる。経験したことのない記憶の欠片を集めることから始まった2人の関係、そしてそこから積み重ねてきた確かな記憶。そんな2人の姿を丁寧に、美しく描いた今作。青春の煌めきと、並行世界の記憶、そこに著者の言葉のセンスが合わさる事で素晴らしい余韻の残る作品になっていました。2017年の終わりにこの本を読めて良かった。2017/12/30

よっち

37
見知らぬ少女たちと出会い共に過ごした夢の記憶。ごくありふれた高校生活を送っていた幸成が初めて訪れた場所にふと既視感を覚え、そこで彼と夢の記憶を共有する少女・優羽子と出会う物語。夢で起きた出来事を確かめ合い一緒に出かけるようになってゆく二人。全てが順調に思えていたある日、突然昏睡状況に陥ってしまう優羽子。そこから一つのメールをきっかけに動き出す展開は、二人が共有する夢の記憶の解明にも繋がっていて、二人が出会いの始まりは夢でも、そこから積み上げてきた思い出が再び歩み始めた彼らの力になってゆく素敵な物語でした。2017/12/27

かわゆきか

32
量子力学からの多重世界設定のSFは好みです。でも、彼女と出会うまでの前置きが長かったので、このペースだと次巻に続くのかなと思ったら、え?そこで終わり?って感じ。キャンプの記憶を思い出すのを拒否した所を後から掘り下げる事無く、私自身の記憶のカケラだけ虚しく残ったのが気持ち悪いので、続編をお願いします。2018/01/21

ツバサ

27
面白いというか尊い。久遠侑先生の作品は美しく丁寧に描かれていて、薄汚れた自分は読んでて洗われるようだ。読んだ後は心が漂白された。惜しむは、馬鹿の自分には科学要素があんまし理解出来なかったことか。次回作も待ってます。2018/01/04

ふる

20
★★★★☆/経験したことのないはずの同じ夢、記憶を共有する2人が出会う物語。平行世界の存在をメインにSFを絡めたボーイミーツガールですが、SF要素が軸なのではなく2人の物語にSF要素がアクセントとして添えられているような形です。2人が人生を歩んでいく様子は何も変哲がないため、物語としては面白みに欠けるかもしれません。しかし作者の生み出す世界観と独特な雰囲気は魅力的で作品としては素晴らしかったです。終盤もやや駆け足にで盛り上がりに欠けるため作者の雰囲気が合うかで好みが分かれる作品だったと思います。2018/01/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12464605

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。