ファミ通文庫<br> 東京ダンジョンマスター―社畜勇者(28)は休めない

個数:
電子版価格 ¥682
  • 電書あり

ファミ通文庫
東京ダンジョンマスター―社畜勇者(28)は休めない

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 320p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784047347786
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

おっさん勇者と愉快な仲間たちの、異世界ダンジョン攻略記!!かつて異世界を救った勇者の上総も、現代に戻った今は一人の企業戦士。今日も残業を終えて帰宅すると、そこに現れたのは、異世界の仲間である王女リリアーヌとメイドのクリスだった。彼女らを六畳一間の自室で養うことになった上総は、その後秋葉原駅で出会ったJK巫女の紅に弱みを握られ、彼女や同居人たちと共に異世界の魔物が跋扈するダンジョンに足を踏み入れることになる――。サラリーマンと愉快な仲間たちのダンジョン攻略記、開始!

三島 千廣[ミシマ チヒロ]
著・文・その他

荻pote[オギポテ]
イラスト

内容説明

かつて異世界を救った勇者の上総も、現代に戻った今は一人の企業戦士。今日も残業を終えて帰宅すると、そこに現れたのは、異世界の仲間である王女リリアーヌとメイドのクリスだった。彼女らを六畳一間の自室で養うことになった上総は、その後秋葉原駅で出会ったJK巫女の紅に弱みを握られ、彼女や同居人たちと共に異世界の魔物が跋扈するダンジョンに足を踏み入れることになる―。サラリーマンと愉快な仲間たちのダンジョン攻略記、開始!

著者等紹介

三島千廣[ミシマチヒロ]
静岡県出身のライトノベル作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

水無月冬弥

10
三島 千廣先生(@mishimachihiro)の #ラノベ 戻ってきた勇者もの。キャラはいいんだけど、うーん、設定と描写が微妙。というか、少なすぎる。なろう系小説の特徴が悪いほうにいってしまっている気が。もう少し濃厚になけば、面白そうになりそうなので惜しい。 2017/10/22

サケ太

10
web版未読。異世界でのかつての冒険から十年。勇者だった少年は立派な28歳社畜として働いていた。雪村上総は、自分を追ってきた姫リリアーヌとメイドのクリスと再会する。そして、時同じくして現実世界で起こる異変。秋葉原駅のダンジョン化。退魔巫女白河紅との出会い。経験からどんな危機にも冷静だが、所々で熱い上総。ヒロインも割と可愛い。2017/10/03

真白優樹

4
いつもの日々を送る日常、いつも利用する施設。思い出があったり、思い入れがあったりする場所。そんな場所がいきなり人外魔境、今までの常識が何も通用しない場所へと変化したのなら貴方ならどうするか。そんな命題へと立ち向かい、異界へと変貌した日常の中でかつての勇者が再び戦うこの物語。そんなこの物語は愉快さと痛快さの中に社会の悲哀と、心躍る非日常での冒険を織り交ぜた愉快な物語へと仕上がっている。自分の心のままに。再び駆け始めた男の、これから先の日常に待つ冒険とは。新たな非日常とは。 次巻も須らく期待である。2017/10/02

eucalmelon

3
地下鉄がダンジョンになる。まあ、確かに穴だし、掘る必要ないし、照明もあるし、いいかも・・・。異世界から戻った勇者という設定も新鮮でいいが、社畜となって働いていたとはまた、あー、報われんねぇ。でも、美女二人が追っかけでやってきて、いつでも抱いて、と待っているとはこれまた幸運か試練か・・。紅、ひねているがいい奴かも。でも、3人もいてどうするの・・かな。2018/05/05

くもり

3
28歳とは思えぬくたびれ感と、調教されてしまった社畜っぷりが哀愁を誘うし、善人すぎて応援したくなる。でもそんなサラリーマンがスーツ姿に聖剣持って無双してくのはちょっと爽快だったわ!マスコット的な外道丸も可愛い。2017/10/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12251503

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。