誰にでもできる影から助ける魔王討伐

電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり

誰にでもできる影から助ける魔王討伐

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 361p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047343986
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

週間・月間・累計総合、第1位。圧倒的支持を誇る異世界ファンタジー。魔王クラノスが人類に宣戦布告して十年。
大国ルークスは、異界から聖勇者・藤堂直継を召喚した。
そんな彼をサポートする命を受けた僧侶アレスは、集められたそのパーティメンバーを見て愕然とする。
魔導王を始祖に持つ魔導士リミスは、火系統以外の魔法が使えず、
プラーミャ流剣術最高師範、剣王の娘、アリアは最近流派を変えたばかりだという。
さらに肝心の聖勇者は、女性ばかりを傍らに置き、無謀な行動を繰り返す……。

しかも平均レベルが15って、どうやって倒すんだよ魔王。色物集めてんじゃねえぞ。

そこでアレスは自分のレベルを隠し、彼らの旅が円滑に進むよう影からサポートするのだが――。
並みいる強敵は事前に退け、彼らの失敗は完全隠蔽。
これは、ハイ・プリーストであるアレスが、聖勇者を英雄に導くまでの物語。

槻影[ツキカゲ]

bob[ボブ]

内容説明

魔王を倒すために異界から召喚された聖勇者、藤堂直継。彼のサポートを命じられた僧侶アレスは、パーティメンバーを見て愕然とする。火系統しか使えない魔導士リミス。流派を変えたばかりの剣士アリア。そして肝心の聖勇者は、女性ばかりをそばに置き、無謀な行動を繰り返す―。どうやって倒すんだよ魔王。色物集めてんじゃねえぞ。アレスはそこで、自分のレベルを隠して裏からフォローするのだが…。これは、ハイ・プリーストであるアレスが、聖勇者を英雄に導くまでの物語。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

こも 零細企業営業

19
勇者パーティーのプリーストが主人公。召喚された初心者の勇者とその仲間たち。勇者が初心者なのはわかるが、魔法使いは火魔法しか使えないポンコツの初心者、剣士は魔力を持ってない途中脱落確実な初心者。そんな連中にアレコレと冒険の手ほどきをしていたら・・いきなり追い出された。でも、協会は陰から守れと命令する。そりゃ荒むよな「fu●k!」や「●ねぇぇ」って叫びたくなるよな。何故追い出したかと思ったら最後の方でその理由が発覚する。なるほどそういう事か。コレは主人公の苦悩を愉しむ話だなw2019/08/13

しぇん

10
結構面白かったです。魔王に侵攻される世界で召喚された最強候補の主人公を育成する話。魔王を倒すべく集まったパーテーィも素質はあるけど素人ばかりと胃に穴があいてもおかしくない状況に置かれる僧侶の主人公が可哀想でした。更には勇者はき○がいだし、パーティは追い出される等々苦難の連続。 そんな投げ出したい状況でも頑張る主人公は大人でした。……ドラゴンだけは可哀想でしたが。あとヒロインであろうアメリアさんが可愛かったです。2016/12/23

なかし

6
これまた異世界転生物、しかしこの後気になります。 2018/01/18

さあささん

5
勇者パーティーを首になった主人公が勇者パーティーを影から助けるというものです。/魔王討伐のために召喚された勇者とそのパーティーが思いのほか弱かったので、どうにかしようとしたら、軽くクビになった主人公がそれでも仕事だからとサポートする姿は泣けてきます。勇者の心境も最後まで読めば分かりますが、それはそうとして正義感から邪魔してたりもするし印象悪いですね。主人公が才能無いと言われていますが、この世界の中でもかなりレベルが高く無双している雰囲気はありました。割と影の薄かったキャラが多いので2巻での活躍に期待です。2017/04/20

leo18

5
パーティの中で1人だけ強い僧侶という俺つえー変化形。読み応えがあって展開も読めなくて面白い。勇者パーティに振り回されるアレスの苦労が伝わってくる。キャラもいいし、アメリアが好きだな。ナオのあれは予想通り。2017/01/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11248609

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。