ファミ通文庫
神姫PROJECT―彼方からの旅人

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 247p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784047343474
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

神と英雄を巡る本格RPG公式小説、降誕!駆け出し冒険者のセイとアリサはある時迷い込んだ遺跡で不思議なデバイスを入手する。すると、突如として遺跡が崩落を始め――。ふと気がつくと、二人はニケと名乗る少女に介抱されていた! 彼女から、自分が選ばれし人間であり、世界が終わる程の異変"ラグナロク"の再来を防ぐため、神姫の助力を得る旅に出る使命にあると告げられたセイだったが……。神と英雄を巡る本格RPG公式小説、四季を司る神姫デメテルのシリアルコード付きで降誕!

氷上 慧一[ヒカミ ケイイチ]
滋賀県在住。『シーリング・パレス』(ファミ通文庫)で作家デビュー。代表作に『モンスターハンター』シリーズ等がある。

吉沢 メガネ[ヨシザワ メガネ]
同人誌などで活躍中の若手イラストレーター。2015年1月『紅盾の皇女と剣の道化』(一迅社)にて商業誌デビュー。

内容説明

駆け出し冒険者のセイとアリサはある時迷い込んだ遺跡で不思議なデバイスを入手する。すると、突如として遺跡が崩落を始め―。ふと気がつくと、二人はニケと名乗る少女に介抱されていた!彼女から、自分が選ばれし人間であり、世界が終わる程の異変“ラグナロク”の再来を防ぐため、神姫の助力を得る旅に出る使命にあると告げられたセイだったが…。神と英雄を巡る本格RPG公式小説、四季を司る神姫デメテルのシリアルコード付きで降誕!

著者等紹介

氷上慧一[ヒカミケイイチ]
ラノベやゲームのシナリオを書いたり、たまに専門学校で教鞭を取る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

真白優樹

6
駆け出し冒険者の少年と少女が、世界の崩壊を防ぐ英雄に選ばれ始まる物語。―――世界の破壊を防ぐ為、世界の平和を守る為に。最近よく見るようになったアプリゲームのノベライズであるこの物語、作者さんが実力者な方であるからか、一つの壮大な物語の始まりとしても中々に面白いものとなっている。世界の崩壊を防ぐ為に姫を集める、だがその姫は世界崩壊の引き金かもしれない。まだまだ世界崩壊の謎は見えず真相は闇の中、だがそれでも世界の崩壊を防ぐ為に前へと進みだす二人。彼らの旅路の先は英雄譚か、それとも。 次巻も楽しみである。2016/12/07

DISK

3
ゲームをやってとそれなりに楽しめるかと。やってない人には内容が薄いので(ゲームのプロローグだから仕方ない)あまりオススメ出来ません(笑)シリアルコードで入手できるデメテルちゃんの出会いエピソード(ちなみにゲーム中での出会いエピソードはまた違う展開になります)2018/03/05

くろまる

3
グラブルに似ているといわれるDMMのプラウザゲ-ム神姫プロジェクトのノベライズ版、基本的にゲ-ムの通りに進んでいるので読みやすい。ヒロインのアリサの性格は人によっては好みがわかれる所であるけれどあそこまではっきりしていると逆に好感は持てるね。2016/12/10

彼方

2
迷い込んだ遺跡でデバイスを手に入れた駆け出し冒険者のセイとアリサは世界崩壊の“ラグナロク”を防ぐため神姫を捜す度に出ますが…。ゲームのノベライズもの、未プレイでしたが作者に釣られて読了。文章はいつもの感じで良かったですけどまずストーリーがつまらなすぎて買ったのを後悔するレベル…キャラクターもほぼ掘り下げがなくふざけてるばかりで共感しにくいですし、神姫の役割とか敵の実験とか今後描かれるんだろうなぁと思っても1巻で惹き付けられなすぎて期待できません、次巻はいいですかね…。灼熱の刃の4巻出してくれないかなぁ…。2016/12/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11206986

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。