ファミ通文庫<br> 黒鋼(くろ)の魔紋修復士(ヒエラ・グラフィコス)〈5〉

個数:
電子版価格 ¥198
  • 電書あり

ファミ通文庫
黒鋼(くろ)の魔紋修復士(ヒエラ・グラフィコス)〈5〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 316p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784047287310
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

アーマッドが誇る“筆頭神巫”シャキーラの里帰りのため、護衛に就く封印騎士団。その中には、紋章官になる前のディーの姿が―『永世神巫と落第騎士』。国王より、静養先から帰還する王妃アルムデーナの護衛を命じられたディーとヴァレリア。一方その裏では、ルキウス率いる“青の右手”にも密命が下され―『蜜月の終わり、雨の日に』。甲冑娘ベッチーナが抱える切ない事情―『花々の宴、夏の日に』。本編を結ぶ、重要な三編のエピソードで贈るシリーズ第5巻。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

38
シャキーラの里帰り護衛に就いていた封印騎士団見習ディーの過去話、静養先から帰還する王妃を密かに護衛するように命じられたディーとヴァレリア、そして同時期の周辺事情を描いた短編三本。今まで噂だけだったディーの騎士団除名話が明かされますが、当時の状況からすると仕方なかった感。登場した永世神巫シャキーラや王妃もいい感じのキャラで、ヴァレリアの性格を読み切った密命は何とも微妙なものではありましたが、殿下の言葉に一喜一憂するベッチーナの過去も明かされたり、本編を補完して物語の奥行きを作るいい短篇集だったと思います。 2014/10/14

とかげのしっぽ

14
★★★☆☆ディーの過去話などの短編。本編と全く違うというわけでなく、ちょこちょことこれからの話に重要な話が出ていた気がする。ディーの騎士団除名は暴力沙汰が原因という噂であったが、なんていうかしょうがなかったな。ただ、騎士団のボンボンどものバカさには呆れた。やっと登場人物の名前が頭に入ってきた。2014/10/26

ナカショー

13
短編集。封印騎士団在籍時のディーの過去話、養生先から秘密裏に帰還する王妃の護衛するディーとヴァレリアの話と、ガチャピンクの話。ベッチーナの過去が思ってた以上に鬱屈としていてビックリ。ただその話を聞いたディーの対応がさっぱりとしたもので良かったです。2015/08/31

シュエパイ

13
ガチャピンク、皇太子の庭師に妹に友人に、王妃のお気に入りと大出世だね!(笑)待望の大活躍ぶりなので、満足なのです。裏で蠢いてた愛人話があるだけに、一層、よい子さが際立つなぁ。それにしてもあの勲章、鎧の意匠になったんだ。一人着々とパワーアップを繰り返すなぁ(*^□^*)2013/02/28

硝翅

11
シャキーラ猊下はオルヴィエトさんと同じ妖艶タイプの方が新人組と差別化できてよかったんじゃないですかねぇ? しかし神巫はみんな人間味あふれすぎてて、読んでる分には面白いけど、本当に宗教上のお偉いさんなのかと思わないでもない。それはともかく、ガチャピンク大活躍である。この娘、いい役回りなのにこれまで活躍描写がなかったからなぁ(笑)(簡易評価:VS1)2013/03/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6378983

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。