ファミ通文庫<br> ココロコネクト アスランダム〈上〉

個数:
電子版価格 ¥682
  • 電書あり

ファミ通文庫
ココロコネクト アスランダム〈上〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月19日 19時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 350p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784047283503
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

“ふうせんかずら”が五人に終わりを告げて四カ月。―その異変はクラスメイトから起きた。唯の友人が、太一たち文研部を見て怯えるような態度を取り始める。さらに五人は、時折生徒の話し声が聞こえなくなるという不思議な感覚を味わう。終わらない現象に落胆しながらも、『他人から敵視される・隔絶される現象』だと推測するメンバー。しかし時を同じくして五人の中では一時的な記憶の消失が起こり始め…。愛と青春の五角形コメディ。最終章、開幕。

著者等紹介

庵田定夏[アンダサダナツ]
1988年生まれ大阪出身。第11回えんため大賞特別賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ひめありす@灯れ松明の火

46
内向きに閉じた仲良しペンタゴン。一年生二人が加入して、七角形に。それでも、輪は内向きのまま。七人が初めて経験する『自分達が当事者ではない異常事態』繋いだ手の外側に、それぞれに連なる学友達。姦し陸上部五人娘に、一年生トリオ。がたがた五角形の角を、とってくれた大切な思い出を共有する友達。そしてその線の更に向こう側、自分達の知らない間に繋がっていた、大切な還る場所。やっと思い知るその有り難さ『ただいま!』を一番先に言う相手。角の多くなった多角形は、もう円にしか見えないね。最後の戦い、勝って大団円で帰っておいで。2012/12/30

Yobata

36
ふうせんかずらがもう最後だといい去ってから、平穏な日常を取り戻した文研部たち。しかし、クラスメイトから突然敵対視されたり,特定の人物の会話が聞こえなくなったり,部員のメンバーが一瞬記憶を失うことが起こる。これは新たな「現象」かと懸念してる最中、今度は三番目のふうせんかずらが現れる。なにも説明しないまま去っていき、今起こっている事が「現象」であると感じ始めていた頃ふうせんかずらが現れ、今学校全体で起こっている「現象」を説明する。これは文研部に起こっている事は、「現象」の末路である『記憶喪失』で、学校で→2013/03/28

星野流人

35
終了宣言をした〈ふうせんかずら〉に代わって現れた〈三番目〉の巻き起こす最後にして最悪の現象に、文研部の7人が挑む。最終巻らしくうまく最悪の状況を作り出し、盛り上げてきた。あとは下巻でどのような決着がつくことになるのか……非常に楽しみである。 いつもとは違った状況であるだけにピリピリした空気がいつもよりも強く、しかも解決が『下巻に続く』なわけだから、ちょっと読むのがしんどかったかも。その分下巻には期待大ですが。しがらみや絆の話はわかる気もするけれど……文研部の家族は、ちょっといい人が多すぎる気もするよね。 2012/11/06

ぺぱごじら

32
このシリーズを追いかける楽しさは、ぼくにとってはキャラとかではなく『奇抜な設定を徹底すること』にありました。割と手垢がついてコメディとして描かれがちな設定を、とことん突き詰めるとここまでダウナーな展開になるんだなぁと(笑)。シリーズ初の上下巻、大方の想像通り前半戦はフラストレーションが溜まる物語となりました。何度も痛い目に遭い、その度に『成長した!』と妙な自信を持つ文研部に対し『いや、なーんにも変わってないよ』と嘲笑い、とことん『未熟さ』を引きずり出す『進化を極めた』存在が憧れたものは…。2013-1272013/09/10

nayu

32
そうきたかー。   色々大変ですねぇ……。    人と人とが繋がり、心が繋がる。 世界が紡がれる。     家族は偉大だ。    いよいよ物語はクライマックスに突入。    平穏な日常を取り戻すことは出来るのか!?      決着をつけるために下巻へ続く。2013/04/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5408097

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。