ファミ通文庫<br> Zぼーいず/ぷりんせす〈3〉

個数:

ファミ通文庫
Zぼーいず/ぷりんせす〈3〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 254p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784047274662
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

「死神の仕事をしてもらいます」サリが告げた新たな仕事―それは、生者から命を奪うこと。「冗談じゃねえ、ふざけんな!」“姫護者”としての仕事にも慣れてきた健太郎たちだが、これにはさすがに反発する。だが、今回はどうやらワケありらしい。寿命が尽きたはずなのに元気な老婆。しかもその人は、高校の担任、張飛の知り合いで―!?姫護者たちは悩む。命とは何か。命を失った不死の自分が、命にどう向き合うべきか…。ハートフル不死者コメディ第三弾。

著者等紹介

田口仙年堂[タグチセンネンドウ]
1979年生まれ。代表作は「吉永さん家のガーゴイル」(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

シュエパイ

3
自分がその立場になったら、きっと同じことをする。うん、それは私もそう想う、でも、それでもやっぱり止めなくちゃいけないことだったんだって、そう想う。 死ななくちゃいけないのに、無理にゆがめて生きながらえさせられているおばあさんと、生きることを祈ってしまった先生の話。命は大事で、でもマニュアルがないから、いつもいつも悩んで決めなくちゃ。私も、彼らのように、きちんと見送れたならよかったのになぁ。そうしたら、死んだことの実感が、わく様になるのかな。ただ、遠いところに引っ越したような、そんな気持ちのまま。2011/09/25

無銘

1
不死者になった少年達と死神の姫(3歳児)のハートフルコメディ(ただし死人は出る)。ここで完結。張飛の行動は身勝手極まりないが、本来どうにもならないことをどうにかする力を手に入れてしまった時、やはり人間ならそうするだろう。間違ったことと分かっていても。彼の決意を悪と断ずることができずに悩み、色々なものを見つめ直した末に彼を止めることを決意した健太郎達の成長が素晴らしい。続きが無いのが実に勿体ない。2011/12/05

ちいたけ

0
完結。張飛が理屈より感情で動く様、切ないねえ。2013/06/16

K-Wing

0
今回の張飛の行動は人間としてはそんなにおかしなことではないけど、それが許せないのがまた人間ってとこかな。 まあ打ち切りはしゃあないか……。2012/11/05

おーた

0
死神の手伝いをすることになった3人の男の子の話の3巻目。 恩師の寿命を延ばすため、他人の魂を奪うことを選択した単細胞な担任教師。 主人公達は。彼を止めれば一人が死ぬことにためらい、彼の主張も理解できてしまうことに迷う。 もう少し、命の終わりに向き合った描写があっても良かったかな。 そして、今回でシリーズ打ち切り。 2011/09/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4032902

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。