角川選書<br> 浄土思想入門―古代インドから現代日本まで

個数:
電子版価格 ¥1,836
  • 電書あり

角川選書
浄土思想入門―古代インドから現代日本まで

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年04月25日 03時46分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 247p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047036505
  • NDC分類 188.6
  • Cコード C0315

内容説明

念仏を称えれば、死後には阿弥陀仏の本願力に乗じて、善人も悪人も平等に西方の極楽浄土に往生すると説く浄土教。死を直視する教えはどのように変容してきたのか。インドで誕生したブッダの教えが、その後中国から日本に伝わり、法然により大きく展開された。結節点である法然を軸に浄土教の教えに迫りつつ、死を隠蔽し、科学の知を万能視して自我の肥大化が進行する、苦悩に満ちた現代社会を強かに生き抜くヒントを提供する。

目次

序章 現代社会における浄土教の意義
第1章 インド仏教史
第2章 浄土教の誕生
第3章 インドと中国における浄土教の解釈
第4章 鎌倉時代までの日本仏教
第5章 法然の浄土教
第6章 親鸞の浄土教
第7章 一遍の浄土教
第8章 近代以降の浄土教
終章 浄土教が浄土教であるために

著者等紹介

平岡聡[ヒラオカサトシ]
1960年京都市生まれ。佛教大学文学部仏教学科卒業。同大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学。ミシガン大学アジア言語文化学科留学。京都文教大学学長、京都文教学園学園長。博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

教え・歴史・人物。仏教の本質を基礎からやさしく解説する。念仏を称えれば、死後には阿弥陀仏の本願力に乗じて、善人も悪人も平等に西方の極楽浄土に往生すると説く浄土教。死を直視する教えはどのように変容してきたのか。インドで誕生したブッダの教えが、その後中国から日本に伝わり、法然により大きく展開された。結節点である法然を軸に浄土教の教えに迫りつつ、死を隠蔽し、科学の知を万能視して自我の肥大化が進行する、苦悩に満ちた現代社会を強かに生き抜くヒントを提供する。

序 章 現代社会における浄土教の意義
第一章 インド仏教史
第二章 浄土教の誕生
第三章 インドと中国における浄土教の解釈
第四章 鎌倉時代までの日本仏教
第五章 法然の浄土教
第六章 親鸞の浄土教
第七章 一遍の浄土教
第八章 近代以降の浄土教
終 章 浄土教が浄土教であるために

序 章 現代社会における浄土教の意義
  (一)現代とはいかなる社会か
  (二)現代社会を生き抜くために──物語の必要性

第一章 インド仏教史
  (一)初期仏教からアビダルマ仏教へ
  (二)大乗仏教の出現

第二章 浄土教の誕生
  (一)浄土教前史
  (二)浄土経典──浄土三部経と般舟三昧経

第三章 インドと中国における浄土教の理解
  (一)インドの浄土教家──龍樹・世親
  (二)中国の浄土教家──曇鸞・道綽・善導

第四章 鎌倉時代までの日本仏教
  (一)通史
  (二)浄土教の展開

第五章 法然の浄土教
  (一)生涯と思想
  (二)法然門下──聖光・隆寛・証空

第六章 親鸞の浄土教
  (一)生涯と思想
  (二)親鸞の継承者──覚如・蓮如

第七章 一遍の浄土教
  (一)生涯と思想
  (二)一遍と法然・親鸞との比較

第八章 近代以降の浄土教家
  (一)浄土宗系──山崎弁栄・椎尾弁匡
  (二)浄土真宗系──清沢満之・曽我量深・金子大栄

終 章 浄土教が浄土教であるために

平岡 聡[ヒラオカ サトシ]
著・文・その他