角川選書<br> 宇宙の始まりはどこまで見えたか?―137億年、宇宙の旅

個数:
電子版価格 ¥1,555
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川選書
宇宙の始まりはどこまで見えたか?―137億年、宇宙の旅

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月06日 10時03分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 182p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047035409
  • NDC分類 443.9

内容説明

ビッグバンの瞬間に起きた出来事を捉えようとする取り組みが世界各国で行われている。人類は、宇宙の始まりの姿をどこまで解析できたのか?戦時下のレーダー技術が生んだ電波天文学によるビッグバン電波の発見から、宇宙創成0.1秒後に発生したニュートリノと重力波の捕獲まで―。宇宙誕生のシナリオと、ダークマター・ダークエネルギーの謎に挑む精密観測の驚異的な世界を、観測宇宙論の第一人者が描きだす。

目次

第1部 宇宙論争―「想像の宇宙」から「サイエンスの宇宙」へ(宇宙を想う;宇宙を解く;大望遠鏡の時代と広がる宇宙)
第2部 宇宙マイクロ波背景放射とは?―ビッグバンを映しだす137億年前の光(電波天文学の登場;ビッグバンは起こったのか?;宇宙背景放射が見つかった!)
第3部 発見の1960年代―なぜ宇宙背景放射は捉えられたか(宇宙背景放射、発見の背景;パルサーの発見;進展する電波天文学)
第4部 インフレーションと新たな2つの暗雲―観測宇宙論の展開(インフレーションで始まった宇宙;宇宙からの電波観測;私たちのダークな宇宙像;観測宇宙論の行く先)
第5部 幻燈宇宙論―宇宙は誕生を記憶している(宇宙背景放射に満たされた宇宙の中で;ビッグバンから私たちまで;宇宙に映るもの)

著者紹介

平林久[ヒラバヤシヒサシ]
1943年、長野県生まれ。東京大学理学部物理学科卒、同大学大学院博士課程修了。理学博士。野辺山宇宙電波観測所で観測的研究に携わったのち、電波天文衛星「はるか」プロジェクト推進のため宇宙科学研究所に移籍。スペースVLBI計画(VSOP計画)のプロジェクト科学主任を務めた。現在、JAXA(宇宙航空研究開発機構)名誉教授、「子ども・宇宙・未来の会(KU‐MA)」会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

宇宙の始まりはどこまで解明されたか。ビッグバン電波の発見から、宇宙創成0.1秒後に発生したニュートリノと重力波の捕獲まで。宇宙誕生の謎に挑む精密観測の驚異的な世界を、観測宇宙論の第一人者が描きだす。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件