角川選書<br> 大坂落城 戦国終焉の舞台

個数:
電子版価格 ¥1,555
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川選書
大坂落城 戦国終焉の舞台

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月05日 19時53分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047035126
  • NDC分類 210.52

内容説明

戦国時代に終わりを告げた「大坂の陣」。徳川家康が豊臣家を滅亡させるための謀略に満ちた戦いという通説は、事実なのか。家康謀略史観に疑問をもつことで見えてきた、浪人やキリシタン、商人の存在。武将の活躍の陰で、彼らもまた生き残りを賭けて戦っていた。軍功書、首取状などの豊富な史料を駆使しつつ、関ケ原合戦から大坂の陣にいたる激動の時代を鮮明に描く。

目次

第1章 関ケ原合戦と江戸幕府の成立―徳川公儀の確立(関ケ原合戦後の戦後処理と諸勢力の動向;江戸幕府の成立と徳川権力の進展)
第2章 大坂冬の陣勃発―仕組まれた戦い(方広寺鐘銘事件起こる;大坂冬の陣前夜大坂冬の陣開戦する)
第3章 和平交渉から大坂夏の陣へ―豊臣家の滅亡(和睦交渉の経過;大阪夏の陣への道;大坂夏の陣と豊臣氏の滅亡)
第4章 大坂の陣のその後―戦国終焉の舞台(徳川方と豊臣方の扱い;落人・浪人たちのその後;キリシタンたちのその後;戦国の終焉)

著者紹介

渡邊大門[ワタナベダイモン]
1967年、神奈川県生まれ。1990年、関西学院大学卒業、2008年、佛教大学大学院博士後期課程修了、博士(文学)。歴史学者。専攻は日本中世史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

家康が、豊臣家を滅ぼしたのはなぜか? その答えは浪人たちにあった!

家康謀略史観に疑問を持つ事で見えてきた、浪人やキリシタン、商人の存在。武将の活躍の陰で、彼らもまた生き残りを賭け参戦した。軍功書、首取状などの豊富な史料を提示しつつ、大坂の陣を鮮明に描写する。