角川選書<br> 太宰治の作り方

個数:
電子版価格 ¥777
  • 電書あり

角川選書
太宰治の作り方

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 205p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784047034860
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0390

内容説明

意表をつく決め台詞、軽妙な情景描写、愛らしい女性告白体…。太宰文学は、磨きあげられた技法をもって含羞と傷を描き、私小説とも評される。しかし生きにくさに悩みぬいた作家が繰り返し描きだしたのは、人間ゆえの懊悩の深さを探りだす、巧みな、そして命をかけた小説的造型の、“生きるのが下手な私”だった―。生誕百年を超えてなお愛されつづけるその人と作品の核心に、数々の評伝を生みだした津軽生まれの著者が迫る。

目次

第1章 「私」とは誰?(三十代で死んだ先輩作家たち;「N君」の町にある文学碑 ほか)
第2章 「女は、死んだ」(下宿の二階で最初の自殺未遂;「もう書くことがないから死んだ」 ほか)
第3章 「私」の小説(本州の袋小路を訪ねる;酒を飲みたくて回り道 ほか)
第4章 太宰流小説術(「私」が主人公の嘘;一人称告白体を磨く ほか)
第5章 津軽から(タケとの“再会”の真実;「愛」と「賞賛」を受ける器 ほか)

著者紹介

田澤拓也[タザワタクヤ]
1952年、青森県生まれ。早稲田大学法学部・第一文学部卒。出版社勤務をへてフリーに。『ムスリム・ニッポン』(小学館)で第四回二一世紀国際ノンフィクション大賞優秀賞。『空と山のあいだ―岩木山遭難・大館鳳鳴高生の五日間』(角川文庫)で第八回開高健賞。近年は青春野球小説『タッチアップ』(エクスナレッジ)などフィクションに新境地を目ざす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)