角川選書<br> 慈悲の名君 保科正之

個数:
  • ポイントキャンペーン

角川選書
慈悲の名君 保科正之

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月03日 09時57分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 282p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047034587
  • NDC分類 289.1

内容説明

徳川幕政を文治主義へと導き、為政者の鑑として語り継がれた会津藩祖・保科正之。四代将軍家綱の輔弼役として、ひたむきに万民の便利安居を求めた名君ながら、その姿はいまだ歴史の陰に埋もれている。明暦の大火や玉川上水の開削問題に見せた抜群の指導力、会津藩内に実現させた社倉、老養扶持、救急医療の先見的な福祉制度、そして加賀や米沢ほか諸藩にも及んだ救済措置―。名君の足跡を辿り、清冽な生涯を現代に蘇らせる。

目次

第1章 将軍家の御落胤
第2章 高遠・山形藩の藩政
第3章 会津入りと「託孤の遺命」
第4章 将軍輔弼役としての行動
第5章 諸藩の救済と指導
第6章 会津藩政に見る先見性
第7章 加賀百万石への影響力
第8章 思索の背景を探る

著者紹介

中村彰彦[ナカムラアキヒコ]
1949年、栃木県栃木市生まれ。小説家。東北大学文学部卒業後、文藝春秋勤務を経て執筆活動に入る。『明治新選組』で第一〇回エンタテインメント小説大賞、『五左衛門坂の敵討』で第一回中山義秀文学賞、『二つの山河』で第一一一回直木賞、『落花は枝に還らずとも』で第二四回新田次郎文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)