角川選書<br> 日本霊異記の世界―説話の森を歩く

個数:
  • ポイントキャンペーン

角川選書
日本霊異記の世界―説話の森を歩く

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月05日 20時09分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 252p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047034570
  • NDC分類 184.9

内容説明

『日本霊異記』は仏教説話集であるが、大きなエネルギーに満ち、律令制によって社会が変動する時代を人がどのように生きたのか、なまなましい姿を活写してまるで現代社会を映すようにリアリティをもって語りかけてくる。神話的な話もあるが、霊異記以前にはみられない話も多く、昔話につながる源流ともなっている。「トリック・スター」「小さ子」「強力の女」「神婚説話」など多彩な霊異記説話を、現代語訳を駆使して自在に読み解く。

目次

第1講 小さ子とトリック・スター
第2講 一寸法師の源流
第3講 力持ちの女
第4講 神婚神話のゆくえ
第5講 恩返しの発生
第6講 盗みという罪悪
第7講 悩ましき邪淫
第8講 行基の奇行
第9講 語られる女たち
第10講 あの世からもどった人、地獄を語る人びと

著者紹介

三浦佑之[ミウラスケユキ]
1946年三重県生まれ。成城大学大学院博士課程修了。古代文学、伝承文学研究専攻。千葉大学教授を経て立正大学教授。2003年『口語訳古事記』(文藝春秋)で第一回角川財団学芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)