角川選書<br> 四国遍路とはなにか

個数:
電子版価格 ¥1,209
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川選書
四国遍路とはなにか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月05日 05時58分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 285p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047034549
  • NDC分類 186.9

内容説明

一生に一度は四国遍路をしてみたい―。なぜ、四国遍路に惹かれるのであろうか。そこには、弘法大師によつて罪を許され、再生を願う巡礼の思想があった。青年空海も修行したという古い歴史を持つ札所は、熊野修験や遊行念仏者によってネットワーク化されていき、江戸時代に案内書や宿泊施設など、人々が自由に遍路できる素地が築かれていった。近現代のバスツアーの巡礼の多様化にも言及し、四国遍路の実態を追う。日本人の祈りの歴史が見えてきた。

目次

第1章 二十世紀末に整えられた四国遍路システム
第2章 四国遍路の起源を探る
第3章 熊野信仰ネットワークと四国霊場
第4章 四国八十八か所の成立前夜
第5章 四国八十八か所の確立
第6章 充実的に発展する札所霊場
第7章 近世から近代にかけての四国遍路の光と影
第8章 四国遍路の現在、そして未来

著者紹介

頼富本宏[ヨリトミモトヒロ]
1945年香川県生まれ。京都大学大学院文学研究科(仏教学)博士課程修了。文学博士。密教学専攻。現在、種智院大学学長。実相寺(神戸市)住職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)