角川選書<br> 神と仏の出逢う国

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり

角川選書
神と仏の出逢う国

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文はお受けできません。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 262p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047034495
  • NDC分類 162.1
  • Cコード C0314

出版社内容情報

神は在るモノ、仏は成る者。山川草木・花鳥風月の森羅万象に祈りを捧げる日本独自の神仏観は、いかにして形成されたのか? 日本文化の底流を成す神仏習合の歴史を見直し、不安に満ちた現代社会において日本的霊性が持つ可能性を探る。

〈目次〉
第一章 神と仏の原理的違いと習合化のメカニズム 神神習合から神仏習合への流れ
    一 法螺貝から始まる
    二 「神」と「仏」の出逢い
    三 春日大社「おん祭」
    四 「神=カミ」と「仏=ホトケ」の原理的違い
    五 「神道」と「仏法」
    六 『古事記』と『日本書記』と『風土記』

第二章 古代律令神道・律令仏教から中世神道・中世仏教へ
    一 記紀神話の成立とその要点
    二 「神道」とは何か
    三 外来宗教としての仏教
    四 七世紀の宗教改革
    五 最澄と空海
    六 霊的国防都市としての平安京
    七 古代世界の崩壊と中世世界の始まり

第三章 中世における神と仏
    一 伊勢神道の成立と特徴
    二 吉田神道の確立と特徴
    三 神国思想と豊臣秀吉および徳川家康の切支丹禁止政策と鎖国

第四章 国学(古学)と幕末維新期の神道と仏教
    一 古代神話──調停的・分治的一者の確立
    二 中世神話──根源的・個的一者の確立
    三 近世神話──仮構的・内向的一者の確立
    四 近代神話──退行的・外向的一者の確立
    五 柳田國男と折口信夫の民俗学と「新国学」

第五章 神仏分離(判然)から神仏共働へ 新神仏習合の時代へ
    一 五つの神話とその現代的意味
    二 戦争と平和
    三 戦後神話、柳田國男と折口信夫の新国学再論と霊性の立場
    四 今日問われる日本的霊性

あとがき

参考文献


鎌田 東二[カマタ トウジ]
著・文・その他

内容説明

神道はユーラシア大陸の東の果てで自然発生的に生まれ、形成されてきた日本人のしきたりだ。6世紀に仏教が日本に伝来すると、神と仏は寄り添い、民間信仰などを取り込み、日本独自の神仏観をかたちづくってきた。日本文化の底流を成す神仏習合の歴史を見直し、社会不安に満ちている現代で、平和に向かって何ができるのか。新しい日本的霊性を見出し、その可能性を問う。

目次

第1章 神と仏の原理的違いと習合化のメカニズム―神神習合から神仏習合への流れ(法螺貝から始まる;「神」と「仏」の出逢い;春日大社「おん祭」;「神=カミ」と「仏=ホトケ」の原理的違い;「神道」と「仏法」;『古事記』と『日本書紀』と『風土記』)
第2章 古代律令神道・律令仏教から中世神道・中世仏教へ(記紀神話の成立とその要点;「神道」とは何か;外来宗教としての仏教;七世紀の宗教革命;最澄と空海;霊的国防都市としての平安京;古代世界の崩壊と中世世界の始まり)
3章 中世における神と仏(伊勢神道の成立と特徴;吉田神道の確立と特徴;神国思想と豊臣秀吉及び徳川家康の切支丹禁止政策と鎖国)
第4章 国学(古学)と幕末維新期の神道と仏教(古代神話―調停的・分治的一者の確立;中世神話―根源的・個的一者の確立;近世神話―仮構的・内向的一者の確立;近代神話―対抗的・外交的一者の確立;柳田國男と折口信夫の民俗学と「新国学」)
第5章 神仏分離(判然)から神仏共働へ―新神仏習合の時代へ(五つの神話とその現代的意味;戦争と平和;戦後神話、柳田國男と折口信夫の新国学再論と霊性の立場;今日問われる日本的霊性)

著者等紹介

鎌田東二[カマタトウジ]
1951年、徳島県阿南市生まれ。國學院大學文学部哲学科卒業。同大学院文学研究科神道学専攻博士課程単位取得満期退学。現在・京都大学こころの未来研究センター教授、京都造形芸術大学客員教授。宗教哲学・民俗学・日本思想史・比較文明学などを幅広く研究。十七歳で聖地巡礼に目覚め、以来四十年以上にわたり、国内外の聖地を参拝して回る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ステビア

15
これが新年一発目というのも釈然としないが…(笑) レポート用。2015/01/05

ムンムン

2
日本の宗教(神道、仏教)の歴史的背景を描いた本である。 日本は神仏習合が基礎となっているというのは知っていたが、そもそも、縄文時代以降、「神神習合」という土台があったということは知らなかった。 そういった特異な土壌で生まれた日本の文化を私は誇りに思う。2016/11/12

ちぃ

1
神仏習合~神仏分離について知りたかった。 目的は達成できたし神道のバックグラウンドもよくわかった。 後半はほぼ民俗学。 とりあえず、「○○まじ神なんだけどー!」って使い方は日本人的神の起源から考えると全然間違ってない。

猫の毛

1
(大学ゼミ課題図書・再読)日本の宗教史を古代から現代まで通して説明した良書。タイトルどおり神仏が中心だが、儒教や国学も出てきて幅広く、これらが習合するのが日本の宗教であると謂う。時折筆者の個人的体験・主張が出てきて鬱陶しいが、全体として丁寧に説明されていて分かりやすい。通史を扱う分、個々の説明は浅めなので、それぞれ個別書でもう少し勉強しないと、雲を掴むような話で身に付かない感もある。2014/01/04

メルセ・ひすい

1
読みやすい。 入門書 文章良好。国学院大Dr.京大こころの未来研教授。2009/12/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/480335

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。