角川選書<br> 御曹司たちの王朝時代

個数:
電子版価格 ¥1,468
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川選書
御曹司たちの王朝時代

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月04日 23時54分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 329p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047034471
  • NDC分類 816.6

内容説明

光源氏の友人たちも、こんな感じに生きていたのだろうか。王朝時代に実在した名門貴族家の御曹司たちが関わった24通の手紙からは、宮中の職務をさぼったいいわけ、関白邸での待ち合わせの約束、遊興への参加の強要、仲間外れへの恐怖など、華麗な王朝イメージとは違った人間くさい暮らしぶりがかいまみられる。優雅な人柄と思われがちな御曹司たちの実像を描き出した試み。

目次

遊ぶ暇もない頭中将
友人の色好みをたしなめる
近衛中将を拝命したことへの不満を洩らす
口利きの依頼をあしらう
和歌の代作を依頼する
昇任の喜びを伝える
子供が生まれたことを披露する
仲間外れにしないように頼み込む
遊興への参加を強要する
絵師の斡旋を依頼する
野遊びに誘われなかったことを恨む
宮中の行事をさぼった言い訳をする
牛車を牽く牛の貸し出しを依頼する
関白邸で落ち合うことを約束する
遊興の約束を守れそうにないことを謝る
護衛の武者の貸し出しを依頼する
遊女と楽しむための遠出に誘う
舞姫をめぐる噂の真偽を確かめる
親交を持ち続けてくれるように懇願する
任官をめぐる口利きを依頼する
奉公への熱意を語る頭中将

著者紹介

繁田信一[シゲタシンイチ]
1968年生まれ。神奈川大学大学院歴史民俗資料学研究科博士後期課程修了。現在、神奈川大学日本常民文化研究所特別研究員、同大学大学院非常勤講師。博士(歴史民俗資料学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)