角川選書<br> 雨月物語の世界―上田秋成の怪異の正体

個数:
電子版価格 ¥1,296
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川選書
雨月物語の世界―上田秋成の怪異の正体

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月04日 11時06分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047034440
  • NDC分類 913.56

内容説明

『雨月物語』の9編の小説は、怪異・伝奇・歴史・翻案小説といった、いくつもの「顔」をもつ。これらは「死」が身近であった中世という時代枠で描かれているが、一見無関係に見える9編には上田秋成の生への不安や生い立ちからくるトラウマが色濃く映し出されている。さらに怪異の美をかたちづくる暗号や語り口が、中国や日本の多くの古典をふまえて構築されていることを解明。秋成の妖美な小説世界の全貌に迫る。

目次

第1章 「生」の不安―怪談とその小説が生まれる基盤
第2章 幻術の文法―怪異表現の視覚と聴覚
第3章 文人作家の誕生―秋成の前半生
第4章 すれちがう主人公たち―作者秋成のトラウマ
第5章 仕掛けられた暗号―歌語・謡曲・俳諧
第6章 もどきの語り口―擬態と再生
第7章 秋成の軌跡―その後半生
第8章 廃墟と音―怪異の美の本質

著者紹介

井上泰至[イノウエヤスシ]
1961年京都市生まれ。上智大学大学院文学研究科国文学専攻単位取得満期退学。日本近世文学専攻。現在、防衛大学校人間文化学科准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)