• ポイントキャンペーン

角川選書
色男の研究

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 291p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784047034068
  • NDC分類 910.25

内容説明

近代以降、私たちは粋な「色男」の遊び方、生き方を、あらかた忘れてしまっている。そして、代わりに「恋愛」を覚えた。この「恋愛」はだれにでもできる。何の技量がなくてもできる。民主的だが、ひとりよがりのものでもある。人に分かってもらえなくてもいい、そんな意識が「恋愛」の基本だ。こんな「恋愛」を卒業するために「色男」の技をちょっと思い出すのも悪くはない。この本で模索しているのは、そのための手がかりである。

目次

第1章 色男とは何者か
第2章 恋の「マニュアル」―オウィディウスから「ポパイ」まで
第3章 色男の淵源としての色好み
第4章 明治・大正の色男
第5章 ダンディズムと色男
第6章 女たらしという職業―ヒモとジゴロ
第7章 媚薬・誘惑・虚偽
第8章 にせ色男
第9章 悪い男の魅力
第10章 女たちの復讐―取り憑かれる男たち
第11章 色男の行方―恋愛・ディスコミュニケーション・オタク

著者紹介

ヨコタ村上孝之[ヨコタムラカミタカユキ]
1959年生まれ。大阪大学大学院言語文化研究科助教授。東京大学総合文化研究科比較文学比較文化専攻修士単位取得満期退学。プリンストン大学比較文学科修士修了(Ph.D.)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)