角川選書<br> 伊勢神宮―知られざる杜のうち

個数:
電子版価格 ¥1,382
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川選書
伊勢神宮―知られざる杜のうち

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月11日 07時56分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 270p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784047034020
  • NDC分類 175.8

内容説明

20年ごとに社殿が新造される伊勢神宮。1300年にわたって営々と続けられてきたこの式年遷宮は、そのたびに8年余の歳月をかけ、30におよぶ行事・祭儀をもってとり行われてきた。全国10万の神社の頂点に立つ日本の総氏神、神宮では、その長い歴史のなかで、なにが営まれ、どんな祈りがなされてきたのだろうか。四季折々、年に千数百回行われる神事・祭儀や式年遷宮の行事を糸口に、「知られざる伊勢神宮」を描き出す。

目次

第1章 神代のことも思われる(御神体の八咫鏡;天照大神は太陽の女神 ほか)
第2章 神嘗祭への道(豊作を祈る祈年祭;幣帛と神饌 ほか)
第3章 歴史のなかの神宮(神宮と仏教;御師の誕生 ほか)
第4章 式年遷宮の長い道(なぜ式年遷宮をするのか;社殿の耐久限度と尊厳保持説 ほか)

著者紹介

矢野憲一[ヤノケンイチ]
1938年、伊勢市に生まれる。國學院大学文学部日本史学科卒業。1962年伊勢神宮に奉職。神宮禰宜、神宮司庁文化部長、広報課長、神宮徴古館農業館館長などを歴任、2002年退職。現在、NPO法人五十鈴塾塾長。専門は神道文化史・民俗学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)