• ポイントキャンペーン

角川選書
満洲切手

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 269p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047034006
  • NDC分類 693.8

内容説明

「満洲国」はどのように成立し、発展し、崩壊し、現在の中国、ロシアに何をもたらし、遺したか。清朝最後の皇帝・溥儀を写した一枚の絵葉書を手始めに、満洲国で発行された切手、残された封書や葉書、消印を駆使して国家や社会、時代や地域のあり方を見つめ直してゆく。切手を中心とする郵便資料を活用して、歴史を再構築する画期的な試み。

目次

紫禁城から静園へ
満洲切手の誕生
事変一周年から建国一周年へ
満洲国皇帝になった溥儀
塗りつぶされた切手
シンボルとしての熱河避暑山荘
国都・新京の誕生
満洲国の中の日本―満鉄付属地と治外法権
あじあ号の一万キロ
満ソ国境の物語
天照大神が来る
一九四〇年九月の切手発行ラッシュ
“大東亜戦争”の開幕
建国十周年の諸相
日本之亡即満洲之亡
満州国の遺産

著者紹介

内藤陽介[ナイトウヨウスケ]
1967(昭和42)年、東京都生まれ。郵便学者。財団法人切手の博物館・副館長。東京大学文学部卒業。切手を中心とする郵便資料を通して、国家と社会、時代と地域のあり方を読み解く「郵便学」を提唱し、研究・著作活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)