角川選書<br> モダニズムのニッポン

個数:
  • ポイントキャンペーン

角川選書
モダニズムのニッポン

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月09日 05時22分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 277p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047033955
  • NDC分類 210.69

内容説明

1920年から30年代、大正・昭和初期は生活文化の転換期であった。都市化が進み、大量生産・消費社会の到来によって電化・機械化が進展し、「モダン」という言葉に代表されるような、今日につながる価値観やライフスタイルが全国にひろまった。それに伴って、大量に流通したカタログやチラシ、パンフレット、絵葉書などの、いまでは希少となった雑資料を手がかりに、「モダニズム」の都市文化や人びとの生活ぶりを紹介、当時の雰囲気を再現する。

目次

1 電化がひらくモダニズム(電気と科学がひらく時代;電波の図像 ほか)
2 旅行と観光のモダニズム(モダン東京、帝都遊覧事始め;水の都、大阪を行く ほか)
3 はじまった「近代生活」(文化サロンとしてのカフェ;ラジオ体操 ほか)
4 広告のモダニズム(幻のオリンピック商法;ニコニコ主義とイベント ほか)
5 都市と社会のモダニズム(盛り場のモダニズム;河畔の摩天楼 ほか)

著者紹介

橋爪紳也[ハシズメシンヤ]
1960年、大阪市生まれ。大阪市立大学都市研究プラザ教授。京都大学工学部建築学科卒業、京都大学大学院工学研究科修士課程・大阪大学大学院工学研究科博士課程修了。建築史・都市文化論専攻。工学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)