• ポイントキャンペーン

角川選書
お家相続―大名家の苦闘

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 212p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047033689
  • NDC分類 210.5

内容説明

江戸時代の大名にとって、後継者の確保はお家の存続にかかわる重大事であった。幕府に対する無届(公辺内分)や年齢詐称、当主や嫡子の入れ替えなど、公的な表の史料からは決して窺えないお家相続の実態と、その実情を承知しながら黙認した幕府と大名家との関係を改めて問い直す。

目次

第1章 江戸幕府の相続規定(相続手続きの原則;跡継ぎの確保と家の存続;末期養子の手続―池田政員の急養子願)
第2章 「公辺内分」の相続(書き替えられた系図―生坂池田家の「政房」と「政恭」;兄弟の入れ替え―備中鴨方池田家の事例;系図から抹消された少年―池田政方の男子の記載;身代わりの幼君―肥後人吉藩相良家の相続問題)
第3章 養子をめぐる大名家の諸相(養子選択の駆け引き―摂津麻田藩と伊予宇和島藩;仮養子問題と年齢操作―萩藩毛利家の相続事情;血縁と家の継承―十九世紀の岡山藩)

著者紹介

大森映子[オオモリエイコ]
1952年生まれ。1982年お茶の水女子大学博士課程人間文化研究科単位取得退学。日本近世史専攻。現在、湘南国際女子短期大学教授