角川選書<br> 日本語探検―過去から未来へ

  • ポイントキャンペーン

角川選書
日本語探検―過去から未来へ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 212p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047033610
  • NDC分類 810.4

内容説明

漢字・ひらがな・カタカナを駆使する日本語の表記法は、文章の意味を瞬時に把握できると共に、豊かな感情表現を可能にする優れた特性をもつ。反面、複雑な表記法は習得に時間を要し、活用の手法も多岐にわたる。この手間を避けるために漢字や漢語の使用を減らし外来語を多用すると、日本語と日本文学だけでなく、日本文化全体が断絶してしまう。日本語の将来に向けて多様な側面から表記の問題を考え、効果的な学習法を具体的に提案する。

目次

第1章 今の日本語文章はどのようにして出来上がったか
第2章 日本語語彙はどう変わるのか
第3章 語が持つ働きを考える
第4章 侵入する外来語
第5章 漢字仮名交じりは優れた表記だが…
第6章 日本語表記の難しさ
第7章 終わりに―日本語を育てていこう

著者紹介

樺島忠夫[カバシマタダオ]
1927年、中国撫順市に生まれる。京都大学文学部文学科卒業。大阪府立大学名誉教授。専攻は国語学。日本漢字能力検定協会評議員、日本語文章能力検定協会顧問