角川選書<br> チベットの「死の修行」

  • ポイントキャンペーン

角川選書
チベットの「死の修行」

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 241p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784047033122
  • NDC分類 180.9

内容説明

チベット仏教ゲルク派の宗祖ツォンカパが完成した密教の修行法「秘密集会聖者流」は、修行者が生きたまま、死に、中有をへて、再生への道を体験する。まさに「死の修行」である。修行者は観想(瞑想)によって主尊と一体になり、多数のホトケを生成しながら、性的ヨーガを導入した四十九のプロセスを進み、心身にマンダラを構築する。本書は、チベット密教界で最も秘されてきたこの難行を、可能な限りわかりやすく翻訳・解説し、深遠なチベット密教の「死」の知見を公開する。

目次

秘密集会聖者流とは何か
師の選び方・灌頂(師と弟子;灌頂)
ツォンカパ『吉祥秘密集会成就法清浄瑜伽次第』による四十九の修行のプロセス
四十九の修行のプロセス(修行にふさわしい地を選ぶ真実;みずからが瞋金剛となり、教令輪身を生成する真実;障碍の魔をプルパで打ちのめす真実;勝義の防護を固める真実 ほか)