角川選書<br> 漱石俳句探偵帖

個数:

角川選書
漱石俳句探偵帖

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年05月21日 22時28分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 239p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784047033108
  • NDC分類 911.36
  • Cコード C0395

内容説明

日本近代文学を代表する作家、夏目漱石は多くの俳句を残している。そのうち、明治36年(1903)にロンドン留学から帰国し、大学や高等学校で教鞭をとりながら、小説を書きはじめたころからの句作を通して、漱石の人となりとおなじみの小説の背景を探る。『坊っちゃん』のお清のモデルはだれか、『草枕』はなぜ“俳句的小説”なのか、『虞美人草』を書くときの漱石の意気ごみやいかに。また、謡曲をうなり、飯蛸に目がない文豪の好ましい一面をのぞかせる。“歴史探偵”が案内する俳句と文学の軽妙かつ痛快なエッセイ。

目次

まったく無能な教師なり
シェイクスピアに張り合って
英文学者の漢詩好き
「狐鼠々々、烏鷺々々」した話
「古池や」をめぐって
米山天然居士の「墓」
『草枕』の隠し味
是は几董調である
命のやりとりをする精神で
『虞美人草』のはじめと終り〔ほか〕