角川選書<br> 古代日本のチーズ

  • ポイントキャンペーン

角川選書
古代日本のチーズ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 241p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047032774
  • NDC分類 383.8

内容説明

聖徳太子はチーズを食べていたにちがいない。「蘇」とよばれた日本独自のチーズは、朝廷への貢納を義務づけられており、長屋王をはじめとする奈良朝貴族、「光源氏」に象徴される平安朝貴族に滋養食として珍重された。そのため諸国の農民が牛からの搾乳とチーズ製造に携わった。乳製品に関する科学的分析と古代史料の考証、発掘された木簡の最新情報を手掛かりに、「蘇」の物性とその貢納制度の実態を解明し、日本のチーズにまつわる古代史に光を当てる。

目次

第1章 古代のチーズ・世界のチーズ
第2章 聖徳太子とチーズ―ミルク文化の伝来
第3章 長屋王とチーズ―木簡で証明された天平のチーズ
第4章 鑑真和上とチーズ―本草書と仏典の乳製品
第5章 醍醐天皇とチーズ―『延喜式』の謎
第6章 「光源氏」とチーズ―平安文化を支えた滋養薬
第7章 後醍醐天皇とチーズ―ミルク文化の消滅