MF文庫J<br> 消せる少女

個数:
電子版価格
¥748
  • 電書あり

MF文庫J
消せる少女

  • ウェブストアに165冊在庫がございます。(2024年04月15日 05時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 360p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784046833426
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

ありふれた人生を嫌い、現実逃避のように漫画家という夢を追いかけていた北斗。
そんな彼の前に、ユリは突然現れた。
「ワタシのヒマな時間を、キミがおもしろくしてみせてよ」
北斗の漫画のファンを名乗る彼女の感想に励まされたり、取材と称して疑似恋愛をしてみたり。そんなユリと過ごす日々にいつの間にか励まされていた北斗。嫌っていたはずの、ありふれた幸せの尊さ。
しかしある時、彼女の記憶も、想いも、大切なものが少しずつ消えてしまっていることを知り……。
「僕はあなたを、ありふれた人生にしてみせる」
この残酷な世界でも、僕らの幸せは誰にも消せない──。これは、今はもう消えてしまった、美しい恋の物語。

内容説明

ありふれた人生を嫌い、現実逃避のように漫画家という夢を追いかけていた北斗。そんな彼の前に、ユリは突然現れた。「ワタシのヒマな時間を、キミがおもしろくしてみせてよ」北斗の漫画のファンを名乗る彼女の感想に励まされたり、取材と称して疑似恋愛をしてみたり。そんなユリと過ごす日々にいつの間にか励まされていた北斗。嫌っていたはずの、ありふれた幸せの尊さ。しかしある時、彼女の記憶も、想いも、大切なものが少しずつ消えてしまっていることを知り…。「僕はあなたを、ありふれた人生にしてみせる」この残酷な世界でも、僕らの幸せは誰にも消せない―。これは、今はもう消えてしまった、美しい恋の物語。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

32
ありふれた人生を嫌い、現実逃避のように漫画家という夢を追いかけていた中学生・塔谷北斗。そんな彼の前に謎の少女黒井ユリが現れる青春小説。発展途上でままならない北斗の漫画にくれる彼女の感想に励まされたり、取材と称して疑似恋愛をしてみたり。ユリと過ごす日々にいつの間にか励まされていた北斗が実感する、嫌っていたはずのありふれた幸せ。けれど一方で姉・希望が追う父の冤罪事件も絡めて、バイトのせいでユリの大切なものが消えていくことを知る展開で、できることに限りがある身でのかけがえのない精一杯と結末が印象的な物語でした。2024/03/23

真白優樹

16
ありふれた日常を嫌い漫画を描き続ける少年が、ファンであると名乗る少女に出会い始まる物語。―――例え傷は消せても、その思いだけは消せはしない。 不器用な交流、しかし非道な真実が明らかになり、逆らえぬ激流の中でも自分に出来る事をと必死に駆ける物語であり、救いようのない世界の中、確かにそこに在った愛のお話が心に刺さる物語である。まるでコインの表と裏、光と影。それぞれのありふれた日常が、思い出せたと言う奇跡の先にまた繋がる事を願いたい。どうかその先に幸せがありますように。 うん、とても面白かった。2024/03/26

とってぃー

11
綺麗だがとても儚い物語でした…。消す代償に大切なものを喪う少女と日常を嫌う少年の逃避行。普通と特別の対比が描かれ、ありふれた日常が特別と気付かされる素晴らしい作品。実は些細なやり取りも振り返ってみれば大切な思い出なんですよね…。2024/03/27

むん2。

5
この本が目に入って読み始めたけど2~3割読んでやめたそこのお前!頼むから4割。3章が終わるまで頑張ってくれ。4章からだいぶ話の方向性変わるし面白くなるから!前半を耐えて読み切ったおじさんからのお願いだ。2024/03/28

4
願えば”消す”事が可能な少女と漫画家を夢見る少年の切なくも愛おしい物語。 出会い、別れ、そして再び出会い、そしてまた別れる。 結末は物悲しくもあるけれど、二人の間に確かにあった”想い”は決して消える事はないのだろうと思いたい。 否、そうあってしかるべきですね。 儚いけれど、とても素敵な物語でした。 2024/04/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21812272
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。