MFブックス<br> 無職転生―蛇足編〈2〉

個数:
電子版価格
¥1,430
  • 電書あり

MFブックス
無職転生―蛇足編〈2〉

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2024年06月20日 09時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 356p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784046833280
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

ビヘイリル王国での決戦の末、勝利したルーデウス・グレイラット。
彼と彼を取り巻く人々のその後を描く物語集『蛇足編』。
シリーズ第二巻は、自動人形の制作とそのトラブルを語る『オートマタを作ろう!』、家族との思い出をつくるために企画した旅の様子を描く『ミリス旅行記』、エリス、アレク、オルステッドと共に当代の剣神ジノ・ブリッツを訪ねる顛末『剣の聖地に住まう神』に加え、ルーデウスの子供たちの日常を描く書き下ろし短編『グレイラットの子供たち』の四編を収録。
決戦の後にも人生は続く――。
その先にルーデウスは何を思い、何を為すのか……。
人生やり直し型転生ファンタジー、本編のその後を紡ぐ物語、シリーズ第二弾!

内容説明

ビヘイリル王国での決戦の末、勝利したルーデウス・グレイラット。彼と彼を取り巻く人々のその後を描く物語集『蛇足編』。シリーズ第二巻は、自動人形の制作とそのトラブルを語る『オートマタを作ろう!』、家族との思い出をつくるために企画した旅の様子を描く『ミリス旅行記』、エリス、アレク、オルステッドと共に当代の剣神ジノ・ブリッツを訪ねる顛末『剣の聖地に住まう神』に加え、ルーデウスの子供たちの日常を描く書き下ろし短編『グレイラットの子供たち』の四編を収録。決戦の後にも人生は続く―。その先にルーデウスは何を思い、何を為すのか…。人生やり直し型転生ファンタジー、本編のその後を紡ぐ物語集、第二弾!

著者等紹介

理不尽な孫の手[リフジンナマゴノテ]
「小説家になろう」の掲載作品に感化され、2012年に『無職転生~異世界行ったら本気だす~』のWeb連載を開始(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

オセロ

35
まさに蛇足編といった内容ですが、こういうので良いんですよ。 ルディや魅力的なヒロインたちの本編でも見られた様子を見ると懐かしい気持ちになるし、蛇足編ならではの様子を見ると新鮮な気持ちになるし。そんな中での子どもたちにスポットを当てた家族旅行の話は本編の内容を補いつつもヒヤヒヤしたりほっこりしたりで良かったです。2024/06/08

こも 零細企業営業

31
ザノバの永年の夢、オートマタの試作4号機が完成した。ほぼ正式版と変わらず力を入れすぎたせいで姿はナナホシと瓜二つになってしまった。色々とテストした結果。作動には全く問題が無いが、性的な機能も持ってしまい、それがシルフィに知られたくないルーデウスは、試作4号機は破棄が決めてしまう。それを聞いてた4号機はザノバとルーデウスが試作機完成の打ち上げで泥酔して寝入ったスキに逃げ出す。シルフィに命乞いをするために、、4号機が逃げたと知ったルーデウスは試作機がシルフィを殺害しようとしていると思い。後を追いかける。2024/05/24

alleine05

10
表紙と口絵では子どもたちが目立っていて、実際子どもたちが出てくるエピソードも多かったけど、それ以外の様々な人物たちのエピソードも印象的だった。子どもたちはもう六人もいるので、だれの子で、どんな性格なのか把握しづらいな。のちのヒトガミ編にも大きく関わってくるらしいララはさすがにわかるけど。子どもたちがもっと大きくなった時の話も読んでみたい。タルハンドの話は素直にええ話やなあという感じ。あらたな剣神となったジノはこういう人物だったのか。たしかにちょっと不気味なものを感じる。才能が有り過ぎて一般人の心が2024/05/30

leo18

9
やっぱりクレイラッド家好きだなあ。それぞれのキャラも立ってるし、雰囲気が良い。ということで『ミリス旅行記』がベスト。オートマタの話ももっと掘り下げ出来そう。剣神周りはちょっと人が追いきれてないが、エリスとニナのアフターとしては良かった。2024/05/30

ヴァル西野

8
感想動画: https://youtu.be/q7Uw9jEvBzo 書き下ろしはあまりなかったけど、蛇足編の中で好きな部分を収録。『人形が歩いた日』はルディ達が作った自動人形が逃げ出した話。ほっこりした短編。本編であまり見せなかったシルフィの主張がいい。『事務所の一日』は穏やかな日々を満喫するオルステッド。社長の考えをしっかりと見せる一章。更生されたアレクは子供好きの好青年。→2024/05/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21802180
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。