MFブックス<br> 回復職の悪役令嬢〈エピソード4〉ユニーク職業”聖女”クエスト〈下〉

個数:
電子版価格
¥1,540
  • 電書あり

MFブックス
回復職の悪役令嬢〈エピソード4〉ユニーク職業”聖女”クエスト〈下〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月24日 01時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 260p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784046830715
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

婚約破棄をきっかけに冒険者となった転生者のシャーロット(シャロン)は、教皇ティティアを助けるため、闇の女神ルルイエを迎えようとする大司教を追う。
しかしそこで、思いがけずルルイエと戦闘になり、命からがら逃げだすことに成功する。
体制を整えるため、シャロンは〈アークビショップ〉に転職し、教皇ティティアとリロイにかけられた呪いを解呪する。
二人の呪いが解かれるとともに、聖都ツィレは聖なる力に包まれ、天使が現れた。
シャロンは天使から女神フローディアの元へ行き、〈聖女〉になるよう告げられるのだったが……!?
謎に包まれた聖女の役目が明かされる!? ますます目が離せない元悪役令嬢の自由な冒険者ライフ、第四幕!

内容説明

婚約破棄をきっかけに冒険者となった転生者のシャーロット(シャロン)は、教皇ティティアを助けるため、闇の女神ルルイエを迎えようとする大司教を追う。しかしそこで、思いがけずルルイエと戦闘になり、命からがら逃げだすことに成功する。体制を整えるため、シャロンは“アークビショップ”に転職し、教皇ティティアとリロイにかけられた呪いを解呪する。二人の呪いが解かれるとともに、聖都ツィレは聖なる力に包まれ、天使が現れた。シャロンは天使から女神フローディアの元へ行き、“聖女”になるよう告げられるのだったが…!?謎に包まれた聖女の役目が明かされる!?ますます目が離せない元悪役令嬢の自由な冒険者ライフ、第四幕!

著者等紹介

ぷにちゃん[プニチャン]
2014年より小説投稿サイトに投稿を開始。『箱庭の薬術師』で第三回ネット小説大賞(旧:エリュシオンノベルコンテスト)を受賞し、商業デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いくら丼

7
やっぱりこの手の軽いおはなし、たまに読みたくなる。でも主人公、2回くらいティーの功績かっさらっていない? 私がやったって、いや、最終的にそれやったのティーでは!? せめて私たちと言わない!? 色々と丸く収まって良かったけど、今後も気になる幕引きでもある。あの厄介な二人組が残っているから……。番外編がたくさんついていたけど、ティー視点が割と厚く感じて良かったな。ひとつの国に縛りつけるには大きすぎる、かあ……そんな風に言ってもらえるように、大きくなりたいなあ……ちゃんと頑張ろ。サボってばかりいないで、うんw2023/12/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21629705
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。