MFブックス<br> 薬草採取しかできない少年、最強スキル『消滅』で成り上がる〈2〉

個数:
電子版価格
¥1,650
  • 電書あり

MFブックス
薬草採取しかできない少年、最強スキル『消滅』で成り上がる〈2〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月17日 20時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 324p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784046830029
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

スェルとの出会いをきっかけに、これまで役立たずだと思っていたスキル『消滅』の強さに気づき、その応用術を身につけたエピク。村の窮地を救ったことで、彼の冒険者ランクは一気にF級からD級まで上がった。そしてヘリシナとリザベータから勧められ、エピクはさらなる昇級を認めてもらうため、スェルとともに王都へ向かうことにする。
しかし、ふたりが長い馬車旅を経て辿り着いた王都では、冒険者ギルドの理事たちが謎の呪いに苦しんでいた。解呪剤の調合に必要なのは、伝説のエンシェントドラゴンの生き血。ギルド理事は生き血を持ち帰るクエストをエピクに課し、無事クリアできた暁にはS級冒険者として認定することを約束する。
前代未聞の飛び級クエストに挑むエピクの新たなる冒険がはじまる!!

内容説明

スェルとの出会いをきっかけに、これまで役立たずだと思っていたスキル『消滅』の強さに気づき、その応用術を身につけたエピク。村の窮地を救ったことで、彼の冒険者ランクは一気にF級からD級まで上がった。そしてヘリシナとリザベータから勧められ、エピクはさらなる昇級を認めてもらうため、スェルとともに王都へ向かうことにする。しかし、ふたりが長い馬車旅を経て辿り着いた王都では、冒険者ギルドの理事たちが謎の呪いに苦しんでいた。解呪剤の調合に必要なのは、伝説のエンシェントドラゴンの生き血。ギルド理事は生き血を持ち帰るクエストをエピクに課し、無事クリアできた暁にはS級冒険者として認定することを約束する。前代未聞の飛び級クエストに挑むエピクの新たなる冒険がはじまる!!

著者等紹介

岡沢六十四[オカザワロクジュウヨン]
作家。HJ文庫「悪に堕ちたら美少女まみれで大勝利!!」でデビュー。現在は「小説家になろう」でも執筆中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

fap

0
ええい、国の上層部には馬鹿しかおらんのか。 腐敗した権力者を書くためだけに登場するキャラが多い。 順風満帆で新キャラ登場で因果応報。 電車道というか回転寿司というか、一本道のストーリーを進んでいく。 あまり起伏に飛んだ流れとは言えなかった。 あと、イラストはもそっと周囲の状況がわかるような構図にしてほしい。 2024/03/02

hadu//桃宮葉月

0
読了。わかりやすく無自覚最強少年の物語だった1巻から2巻は無自覚から自覚へと少年が成長する物語でした。良き良き。 "薬草採取しかできない少年、最強スキル『消滅』で成り上がる 2 (MFブックス)"(岡沢 六十四, シソ 著) https://twitter.com/forestia_works/status/17224244659577328622023/11/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21565361
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。