MF文庫J<br> クラスの大嫌いな女子と結婚することになった。〈7〉

個数:
電子版価格
¥704
  • 電書あり

MF文庫J
クラスの大嫌いな女子と結婚することになった。〈7〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月23日 11時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 264p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784046822062
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

朱音の温かな抱擁に、思わず涙を流してしまった才人――。
感情の正体を知ろうと、朱音に過激な(!?)要求をし始める!
一方、朱音は恥ずかしさから、つい才人を避けてしまい……。
そんな中、真帆が持ってきた朱音のアルバムをきっかけに、才人が今までのアルバムを一冊も持っていないことを知る。
物寂しく思った朱音は、才人と過ごす日常を切り取り密かにアルバムを作り始める。
だが、その過程の中で才人と糸青の絆の強さを認識することに……。

――このままではダメ、もっと才人のことが知りたい。

謎に包まれていた才人の家族事情に、朱音はついに一歩踏み込む……!
気持ちが寄り添い始める高校生夫婦ラブコメ第7弾!

内容説明

朱音の温かな抱擁に、思わず涙を流してしまった才人―。感情の正体を知ろうと、朱音に過激な(!?)要求をし始める!一方、朱音は恥ずかしさから、つい才人を避けてしまい…。そんな中、真帆が持ってきた朱音のアルバムをきっかけに、才人が今までのアルバムを一冊も持っていないことを知る。物寂しく思った朱音は、才人と過ごす日常を切り取り密かにアルバムを作り始める。だが、その過程の中で才人と糸青の絆の強さを認識することに…。―このままではダメ、もっと才人のことが知りたい。謎に包まれていた才人の家族事情に、朱音はついに一歩踏み込む…!気持ちが寄り添い始める高校生夫婦ラブコメ第7弾!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

オセロ

28
才人のことをもっと知りたいと思った朱音が北条家の家庭事情に踏み込み、更には糸青のことも知ることになる今巻です。 とある要件で才人と共に北条家を訪れた朱音が目にした家族の在り方は歪そのもので、才人と糸青が思わねハプニングに巻き込まれたことで明らかになる糸青の行動原理はゾッとすると同時にある意味では純愛そのものだなと。 今回の一件を通じて朱音に才人を支える覚悟が、才人には初めての感情が生まれ、次巻はどんな展開が待っているのでしょうか、楽しみですね。2023/02/27

真白優樹

16
未知の感情を才人が検証したり、二人のアルバムを作ろうとする中、本家で才人の両親に遭遇する今巻。―――勝利の形は一つに非ず、そして真の勝利は彼女こそに。 才人の方に恋が生じ始めた事で今までとは違ったもどかしさが発生する中、目撃した才人を取り巻く闇に朱音が切り込んでいく巻であり、彼女のツンの代わりに愛が出てくる事で甘さがより深まっていく、ラブコメとしてまた一歩前進していく巻である。より深く芽生えていく恋が形を成し始める中、二人はどう進むのか。もどかしい恋はいつか家族に繋がるのか。 次巻も勿論楽しみである。2023/03/04

rotti619

14
北条家の事情で、高校生で結婚する事になった才人とツンデレ嫁の朱音とのお話第7巻。今回は従姉妹の糸青(しせい)と今まであまり触れられてなかった北条家の事情について明らかになる。息子の写真1枚すら撮らない異常な環境に思わず踏み込んだ朱音も中々熱かったが、北条家の中でも突き抜けた才能を持つが故に孤独になった才人と糸青は結ばれるべき、と思う周りの感情と糸青自身の想いはまた切ない物があった。それを受け止めた上で出した朱音の答えは熱かったが、そこで終わらない所が糸青らしいというか、この作品らしさがよく出ていた。2023/03/03

かっぱ

9
互いのことを知りたいと踏み込み始めるシリーズ7弾。明らかになった才人の両親の在り方に対して朱音が発露する感情がどうしようもなく好きだ。ただそれと同時に才人と糸青の絆の深さも描かれてそちらもめちゃくちゃ心が動かされた。北条家を取り巻く環境と糸青が胸の奥底で抱き続けた願い。妹としての立ち位置を守ろうとする想いに滲んだ切なさが良い。才人のなかで朱音の存在が大きくなってきたシリーズだけれどまだまだこの先の展開も楽しみだ2024/02/29

マルしぇちゃん

7
正直シセの話そこまでやってほしくないな~とはうっすら思ってたけどこの展開はなかなか来るものがあった。 やっぱMF的ラブコメ、素直になれずにすれ違うコメディになっていくのは鉄板か。 才人の両親に啖呵きる朱音のシーンめっちゃうるっときた。 こういうお話に弱い。2023/03/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20580451
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。