MFブックス<br> 使い潰された勇者は二度目、いや、三度目の人生を自由に謳歌したいようです〈1〉

個数:
電子版価格
¥1,430
  • 電書あり

MFブックス
使い潰された勇者は二度目、いや、三度目の人生を自由に謳歌したいようです〈1〉

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年06月21日 23時22分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 324p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784046822000
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

地球生まれ異世界育ちの元勇者のおっさんは、準男爵家の三男ハリスに転生したものの絶望感に苛まれていた。なぜならハリスは初恋の侯爵令嬢につきまとい、彼女の婚約者から魔法でお仕置きをされ、実家から追い出された問題児だったのだ……。
しかし、ハリスは養護院での生活を送っていたある日、獲得した経験値を自由に振り直せるスキル『やりなおし』を見つけ、草むしりで生活を豊かにするための経験値稼ぎに没頭する。そんなハリスの前に現れたのは初恋の人に勝るとも劣らぬ美貌の持ち主、光の聖女の公爵令嬢! すったもんだの末に、ハリスは彼女の側仕えとして公爵家の屋敷に住み込むことに――!?
「三度目の人生はあるがままに、思うように生きてやる!」
恵まれた生活を切に願う元勇者の、ハイテンション異世界ラブコメディーが始まる!!

内容説明

地球生まれ異世界育ちの元勇者のおっさんは、準男爵家の三男ハリスに転生したものの絶望感に苛まれていた。なぜならハリスは初恋の侯爵令嬢につきまとい、彼女の婚約者から魔法でお仕置きをされ、実家から追い出された問題児だったのだ…。しかし、ハリスは養護院での生活を送っていたある日、獲得した経験値を自由に振り直せるスキル『やりなおし』を見つけ、草むしりで生活を豊かにするための経験値稼ぎに没頭する。そんなハリスの前に現れたのは初恋の人に勝るとも劣らぬ美貌の持ち主、光の聖女の公爵令嬢!すったもんだの末に、ハリスは彼女の側仕えとして公爵家の屋敷に住み込むことに―!?「三度目の人生はあるがままに、思うように生きてやる!」恵まれた生活を切に願う元勇者の、ハイテンション異世界ラブコメディーが始まる!!

著者等紹介

あかむらさき[アカムラサキ]
関西圏出身。第7回カクヨムWeb小説コンテストにて受賞し、商業出版デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

菊地

1
複数回の転生やハードモードな暮らしをチート能力で変えるところとか個々の要素だけ見ると目新しいところはそんなに無いし、細かな粗がチラホラと垣間見えるんだけど、キャラクターのノリや考え方や文章のテンポなどに独特な味わいがあって何だか妙に楽しかった。 妙に愛嬌のある精霊が好き。2023/08/10

Junta

0
独特のノリとテンションの文章。 深く考えずにスキルを使い過ぎていて、アホの子。 ちょっと自分には合わないかも。しかし、最後まで読んだら微妙に続きが気になる。2023/02/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20580219
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。