MFブックス<br> 手札が多めのビクトリア〈02〉

個数:
電子版価格
¥1,430
  • 電書あり

MFブックス
手札が多めのビクトリア〈02〉

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年04月15日 21時12分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 324p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784046819291
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

凄腕元工作員のビクトリアが、可憐な少女ノンナを保護し、本当の人生を取り戻してから5年後。
シェン国での研究を終えたビクトリア一家は、アシュベリー王国に帰国して懐かしい人々と再会する。そして平穏な日々を送るビクトリアだったが、彼女はある日希少な冒険小説『失われた王冠』に隠された謎の暗号を持ち前の才能で難なく解読してしまう。
その暗号は宝のありかを示しており、小説の舞台とされる地域へ行きたい気持ちに駆られるビクトリアだが、自分の立場を考えて葛藤する。
「君は強くて賢くて優しくて、なによりも自由な人だ。行こうよ、君が行きたい場所へ」
「私がお母さんを守るから」
理解のある夫ジェフリーと心強く育ったノンナの支えで、自分らしく生きることにしたビクトリアは、アシュベリー王国の秘密に迫る大冒険へ出発するが――?
最強の家族とともに、更なる幸せをつかむ人生修復物語第二弾、開幕!

内容説明

凄腕元工作員のビクトリアが、可憐な少女ノンナを保護し、本当の人生を取り戻してから5年後。シェン国での研究を終えたビクトリア一家は、アシュベリー王国に帰国して懐かしい人々と再会する。そして平穏な日々を送るビクトリアだったが、彼女はある日希少な冒険小説『失われた王冠』に隠された謎の暗号を持ち前の才能で難なく解読してしまう。その暗号は宝のありかを示しており、小説の舞台とされる地域へ行きたい気持ちに駆られるビクトリアは、自分の立場を考えて葛藤する。「君は強くて賢くて優しくて、なによりも自由な人だ。行こうよ、君が行きたい場所へ」「私がお母さんを守るから」理解のある夫ジェフリーと心強く育ったノンナの支えで、自分らしく生きることにしたビクトリアは、アシュベリー王国の秘密に迫る大冒険へ出発するが―!?最強の家族とともに、更なる幸せをつかむ人生修復物語第二弾、開幕!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

35
凄腕元工作員のビクトリアが可憐な少女ノンナを保護し、本当の人生を取り戻してから5年後。シェン国での研究を終えた一家がアシュベリー王国に帰国して懐かしい人々と再会する第二弾。平穏な日々を送るビクトリアが持ち前の才能で難なく解読してしまった冒険小説に隠された謎の暗号。理解のある夫ジェフリーや心強く育ったノンナと王国の秘密に迫る大冒険へ出発する展開で、戻ってきてからの立ち位置の変化で、葛藤する彼女に理解を示すジェフリーやノンナ、周囲の人々との関係がいいですね。クラークと成長したノンナの今後も気になるところです。2022/12/23

ホシナーたかはし

23
改めて、書籍版二巻は書下ろしのよう。五年の歳月が流れ、ノンナが見た目ご令嬢中身は純粋な某戦闘種族の修行ジャンキーに成長、背表紙のビクトリアがちょっと趣が変わっているところが細かくも面白い。他人の悪意や考え方の違いに戸惑うノンナ、そんな彼女の隣に立ちたいクラークは腹黒くなりつつある。こそばゆい二人の成長がもっと読めると良いですね。2023/01/10

わたー

20
★★★★★シェン国での5年の任期を終え、アシュベリー王国へ帰国したビクトリアたち一家。良くしてくれていた知人たちと再会し、子爵夫人として生活を始めるも、またもや事件に巻き込まれていくという2巻。1巻では自分とノンナだけだったのに対し、2巻では守るべき対象にジェフも含まれたことで、ビクトリアはよりしなやかな強さを手に入れたように感じた。しかし、ノンナの子育てに関しては彼女を以てしても手札が足りなくて、四苦八苦している様が見れたのは、彼女がまっとうな人の道を歩んでいるように思えて非常に良かった。2022/12/27

サキイカスルメ

19
元凄腕工作員のビクトリアが、夫のジェフリーと娘のノンナと共にアシュベリー王国に帰国して懐かしい人々と再会し、またひっそりと事件解決に奔走する2巻。面白かった!優しい人々との再会と生活の始まりがまず嬉しい。1巻から5年経ってるので、子どもたちノンナとクラークの成長が感じられてよかったですね。ビクトリアについても、立場が変わったことや家族というものへの葛藤が丁寧に描かれていたのもよかった。ジェフとの仲良し夫婦ぶりも微笑ましかったです。事件も、続きが気になる面白い内容でした。続きも読みたい!2023/01/05

いくら丼

9
うーん……なんかやっぱり、1巻が綺麗すぎて、それで満足しちゃった感あるな。でも変にそのまま続きを書くんじゃなく、年月が経過してから戻ってきたという繋げ方は良かった。クラーク様の聞き分けの良い約束解消シーンが好き。どう見ても諦めていない。番犬様だわ……でもこれ、ノンナは普通にありがたがりそうなので、悪い気がしないよね。ノンナが普通のご令嬢なら、自由な社交を邪魔されている気分だろうけど……ノンナだから、結婚相手探しに巻き込まれても、面倒なだけだろうし……。でもクラーク様、これは大変な道のりだなあ。応援します。2023/12/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20436182
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。