MFブックス<br> 回復職の悪役令嬢〈エピソード1〉私だけが転職方法を知っている

個数:
電子版価格 ¥715
  • 電書あり

MFブックス
回復職の悪役令嬢〈エピソード1〉私だけが転職方法を知っている

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月15日 13時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 288p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784046813602
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

王太子から婚約を破棄された公爵令嬢シャーロット・ココリアラ。
彼女は職業が〈癒し手〉である乙女ゲームのヒロインと比べられ、しかも「笑いもせずつまらない〈闇の魔法師〉の女は世界の平和でも祈ってろ」と言われる始末。
「それなら敵国で〈癒し手〉に転職します! 転職はできない? いえいえ、プレイヤーだった私は転職方法を把握しています」
この世界の誰も知らないゲーム知識を活かし、あっさりと〈癒し手〉に転職したシャーロットは、さらにはダンジョン攻略に苦戦する勇者パーティに勧誘されて……!?
ゲームのシナリオから解放された、シャーロットの自由気ままな冒険者ライフがスタート!

内容説明

王太子から婚約を破棄された公爵令嬢シャーロット・ココリアラ。彼女は職業が“癒し手”である乙女ゲームのヒロインと比べられ、しかも「笑いもせずつまらない“闇の魔法師”の女は世界の平和でも祈ってろ」と言われる始末。「それなら敵国で“癒し手”に転職します!転職はできない?いえいえ、プレイヤーだった私は転職方法を把握しています」この世界の誰も知らないゲーム知識を活かし、あっさりと“癒し手”に転職したシャーロットは、さらにはダンジョン攻略に苦戦する勇者パーティに勧誘されて…!?ゲームのシナリオから解放された、シャーロットの自由気ままな冒険者ライフがスタート!

著者等紹介

ぷにちゃん[プニチャン]
2014年より小説投稿サイトに投稿を開始。『箱庭の薬術師』で第三回ネット小説大賞(旧:エリュシオンノベルコンテスト)を受賞し、商業デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

菊地

1
転生悪役令嬢もの、ゲーム知識無双もの、チート冒険者ライフものの集合みたいな内容。 これからどういう方向性に展開していくかで色々と面白さや評価が変わってきそうですね。続きも読んでみたいとは思います。2022/04/29

なぎ

1
王太子から婚約破棄をされ、国外追放になった主人公·シャーロット。お妃教育のせいで今まで籠の鳥だった彼女が自由を得て生き生きと冒険者ライフを満喫している様子は読んでいるこっちも楽しくなる。前世の知識を生かしてチート状態なのでストーリーはサクサク進んでいきます。婚約破棄はあくまで王太子の独断でシャーロットの家族や王太子の母は彼女の味方で良かった。王太子はシャーロットを探しているようですが、ほっとけばいいのに。小者過ぎる···。王太子の新たな婚約者もなかなかの性格なので早くザマァ展開を見たい気もします。2022/05/07

KOU

0
活動報告を見に行ったら、紙の初回出荷分限定で、特典SSが読めるQRコードがついたしおりが付属しているとのこと。しおりが付いてるなとしか思わなかったよ。危なかった。2022/05/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19514972

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。