MF文庫J<br> ライアー・ライアー〈10〉嘘つき転校生は敗北の女神を騙し抜きます。

個数:
電子版価格
¥726
  • 電書あり

MF文庫J
ライアー・ライアー〈10〉嘘つき転校生は敗北の女神を騙し抜きます。

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月13日 12時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 328p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784046812933
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

ついに姿を現したアルビオンの黒幕・越智春虎(おち・はるとら)の「予言」に翻弄され終幕した「学年対抗戦」。来るべき決戦に向けてますます負けられない俺、篠原緋呂斗(しのはら・ひろと)の次なる戦いは──最強カップル決定戦!? 仕方なく相手を決めるべく彩園寺(さいおんじ)ら身近な女性陣からの猛烈なアプローチを受ける中、勝ち残るために姫路(ひめじ)とのペアで戦いに挑むつもりだったが──俺個人に課せられたゲーム上の理由で、特定の相手としか組めないことに。拗ねる姫路にサポートを仰ぎつつ、やっと決まった俺のペア候補は「敗北の女神」と呼ばれる少女で──これ、普通の決闘の方がいくらかマシな状況なんじゃないか……?

内容説明

ついに姿を現したアルビオンの黒幕・越智春虎の「予言」に翻弄され終幕した「学年対抗戦」。来るべき決戦に向けてますます負けられない俺、篠原緋呂斗の次なる戦いは―最強カップル決定戦!?仕方なく相手を決めるべく彩園寺ら身近な女性陣からの猛烈なアプローチを受ける中、勝ち残るために姫路とのペアで戦いに挑むつもりだったが―俺個人に課せられたゲーム上の理由で、特定の相手としか組めないことに。拗ねる姫路にサポートを仰ぎつつ、やっと決まった俺のペア候補は「敗北の女神」と呼ばれる少女で―これ、普通の決闘の方がいくらかマシな状況なんじゃないか…?

著者等紹介

久追遥希[クオウハルキ]
「クロス・コネクト」で第13回MF文庫Jライトノベル新人賞“佳作”を受賞、同作にてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

げんごろう

12
絶対に負けられない最強カップル決定戦開幕。 敗北の女神という究極のデバフを背負った緋呂斗ですが、学園島最強の名は伊達じゃないですね。 彼が放つ起死回生の一手に今回も痺れました。 次巻は更紗&白雪を中心としたラブコメを期待出来そうなので凄く楽しみです。 2022/04/23

かっぱ

9
カップル決定戦を描くシリーズ10弾。敗北の女神とゲーム攻略を進めるという圧倒的なハンデを負いながらもあの手この手で潜り抜けていく様はやはり読んでいて楽しい。ゲームのテーマ的にラブコメサイドに振るという選択肢もあったけれど、しっかりと頭脳戦を重視して描いてくれたのはこの作品のらしさが全開に出ていて好ましい。そして訪れるべき瞬間がきたというか緋呂斗の恋愛面での問いかけへの答えも出す時間が近づいてきた。ラブコメ要素の強そうな次巻も引き続き早く読みたいところ2022/07/03

sao

8
読了。2022/07/28

くろ

7
どんどん過酷になっていってるのは気のせいかな。 進展進展。2022/06/13

椎名

6
カップル決定戦に敗北の女神。ゲーム内容的にもラブコメ要素が強めの第10巻。梓沢先輩可愛い。敗北の女神に負ける可能性が感じられず、緊迫感がなかった以外は非常に面白かった。作者もすっかりベテランという感じで、手堅く纏まっているため安心して読める。とうとうというべきかようやくというべきか、篠原周りの恋愛も進んでいきそうな雰囲気があるが、果たして……。クリスマスをどう過ごすのか、今から楽しみ。2022/03/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19387205
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。