MF文庫J<br> 中学生の従妹と、海の見える喫茶店で。

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり

MF文庫J
中学生の従妹と、海の見える喫茶店で。

  • ウェブストアに13冊在庫がございます。(2022年05月16日 20時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 293p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784046811790
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

東京にある美術大学に進学したものの、都会での生活で自らの限界を迎え「熱」を失っていた間宮宗助。大学3年の夏休みに、亡くなった親戚の葬儀のため都会から逃げるように海沿いの田舎町――七登町へと辿り着く。そこには、事故で両親を失い、天涯孤独の身となってしまった少女・九谷唯奈がいた。
「お父さんとお母さんの喫茶店はあたしが継ぐって決めてたの……あたしの夢を守ってよ、宗にぃ……!」
記憶よりも大きくなった中学生の従妹と出会い、かつて交わした約束を思い出した宗助。幼き頃の思い出が残る喫茶店で、唯奈とともにこの夏を過ごすことになり――大人と子供の恋が、今ここで動き出す。

内容説明

東京にある美術大学に進学したものの、都会での生活で自らの限界を迎え「熱」を失っていた間宮宗助。大学3年の夏休みに、亡くなった親戚の葬儀のため都会から逃げるように海沿いの田舎町―七登町へと辿り着く。そこには、事故で両親を失い、天涯孤独の身となってしまった少女・九谷唯奈がいた。「お父さんとお母さんの喫茶店はあたしが継ぐって決めてたの…あたしの夢を守ってよ、宗にぃ…!」記憶よりも大きくなった中学生の従妹と出会い、かつて交わした約束を思い出した宗助。幼き頃の思い出が残る喫茶店で、唯奈とともにこの夏を過ごすことになり―大人と子供の恋が、今ここで動き出す。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

オセロ

32
東京の大学とホストのバイトの日常に嫌気がさしていた間宮宗助が親戚の葬式に出席する為に田舎に帰省したところ、幼い頃ある約束を交わした中学生の従妹・久谷唯奈と再会した2人。 亡くなった両親が経営していた喫茶店を継ぎたいと願う唯奈と、そんな唯奈を助けたいと願う宗助の夏物語。 叶わぬ初恋に終わりを告げる宗助、そんな宗助に初恋を捧げた幼なじみの沙夜、そして喫茶店を継ぐ為に諦めた水泳に未練を抱える唯奈。それぞれの葛藤を乗り越える展開にはグッとくるものがありましたし、ラストのタイトル回収も完璧で、続きが楽しみです。2022/02/26

よっち

30
東京の美術大学に進学したものの、自らの限界を感じて熱を失っていた間宮宗助。大学3年の夏休み、亡くなった親戚の葬儀のため七登町へ帰った彼が、天涯孤独となった少女・九谷唯奈と再会する物語。亡くなった両親の喫茶店を継ぐと決意した中学生の従妹とのかつての約束を思い出して、夏休みの間は唯奈を手伝うことを決めた宗助。彼と喧嘩していたかつての同級生・紗夜との再会もあって、唯奈が抱える様々な葛藤はなかなか難しいものがありましたけど、そんな彼女を支えるキーマンとなる宗助とヒロインたちの今後が気になる期待の新シリーズですね。2022/02/25

ひぬ

18
事故で両親を失ってしまった従妹・唯奈と再開し、両親の喫茶店を継ぐという彼女の夢に一区切りをつかせるため、夏休みだけという期限付きでそこのお手伝いをする事になった主人公・宗助。未来に疑問を持ち、現状に憂う彼も唯奈と接する事によって次第に想いが変わり始めます。中々に良かったです。あまり見ないタイプの主人公だったのに加え、思ったよりシリアスでした。魅力的な脇役が多く、(あまり深掘りはされませんでしたが)幼馴染の沙夜が特にカッコよかったです。最終的に宗助が落ちたのは苦難の道ですが良い締めだと思いました。2022/04/28

rotti619

17
上京して大学で夢を追った結果、自分の限界が見え先輩の勧めで始めたホストの適正の良さに自己嫌悪した主人公間宮宗助が親戚の葬式で帰省した際、両親の死後も喫茶店を存続させたい従妹の九谷唯奈と再会し、「その夢を諦めさせる為に」夏の間喫茶店のお手伝いすることを決めたお話。この導入部が実に切ない。宗助を含めた全ての登場人物が未来へ向けて悩みながらも前向きに進む姿は終始物語を明るく照らしてくれた。主人公の本人が意識していない所でホストのスキルが発動して、登場する女性陣をかたっぱしから落としているのは地味に面白かった。2022/03/01

真白優樹

15
夢破れ、法事を理由に田舎へやってきた青年が、喫茶店を守ろうとする天涯孤独な従妹と再会し始まる物語。―――諦めきれぬ、ならば探せ、可能性。 何処か切なく、現実世界に幾つも存在する戦いに切り込んでいくこの作品。迷いながらも未来への道を模索する者達の泥臭い輝きが心を打つ、まっすぐに面白く読み応えのある作品である。夏を続ける事を決意する中、心に宿る二度目の恋。果たして茨道が続くであろうこの先、経営はうまくいくのか。青年と従妹は二人で進む先、どんな道を進み何を見出していくのだろうか。 次巻も須らく期待であるべし。2022/02/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19271556

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。