MFブックス<br> 魔導具師ダリヤはうつむかない―今日から自由な職人ライフ〈8〉

個数:
電子版価格
¥1,430
  • 電書あり

MFブックス
魔導具師ダリヤはうつむかない―今日から自由な職人ライフ〈8〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月24日 03時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 324p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784046811769
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

遠征訓練へ同行するなど、魔物討伐部隊との関係を強固にしていく女性魔導具師のダリヤ。
彼女は魔物討伐部隊員から、ヴォルフのアンダーシャツに『背縫い』をしてやってほしいと頼まれる。『背縫い』とは、戦いに赴く者の無事を願い、その者の衣服の背に施す縫い取りのことだった。
彼らの頼みを引き受けたダリヤは、シャツへ縫い取りのみならず、スライムを使ったとある付与ができないかを試すのだが――。
「ロセッティの『商会紋』になりそうだ。このシャツも、防具に使えるかも……」
思わぬかたちで、ダリヤは『商会紋』とともに新たな開発品を生みだしてしまう。さらに各界の重鎮をも巻き込み行われた新製品の実験の場で、魔物討伐部隊を引退した侯爵家元当主の義足の不調に遭遇したダリヤは、その改良を試みることにもなり――!?
魔導具師ダリヤのものづくりストーリー、挑戦と前進の第八弾、開幕!

内容説明

遠征訓練へ同行するなど、魔物討伐部隊との関係を強固にしていく女性魔導具師のダリヤ。彼女は魔物討伐部隊員から、ヴォルフのアンダーシャツに『背縫い』をしてやってほしいと頼まれる。『背縫い』とは、戦いに赴く者の無事を願い、その者の衣服の背に施す縫い取りのことだった。彼らの頼みを引き受けたダリヤは、シャツへ縫い取りのみならず、スライムを使ったとある付与ができないかを試すのだが―。「ロセッティの『商会紋』になりそうだ。このシャツも、防具に使えるかも…」思わぬかたちで、ダリヤは『商会紋』とともに新たな開発品を生みだしてしまう。さらに各界の重鎮をも巻き込み行われた新製品の実験の場で、魔物討伐部隊を引退した侯爵家元当主の義足の不調に遭遇したダリヤは、その改良を試みることにもなり―!?魔導具師ダリヤのものづくりストーリー、挑戦と前進の第八弾、開幕!

著者等紹介

甘岸久弥[アマギシヒサヤ]
山形県出身。2018年のエイプリルフールに、小説好きの家族を驚かせようと「小説家になろう」に作品を投稿したことが執筆のきっかけ。投稿からまもなくして本作が話題となり、2018年10月に商業出版デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

こも 零細企業営業

51
番外編の話は、、そうかダリアの母親はそういうワケで家族から離れてしまったのか。しかももう亡くなっている。そして、メイドさんは父親と子育てをしてくれてしかも先輩になってるのが良かった。早く亡くなってしまったのが悔やまれる。それと、双子の誕生を待ち望む人が増えたのも嬉しい。しかもそれが魔物討伐隊のOBだったのが、、その人の義足を魔道具にして現役復帰しそうなのが楽しい。あと、衝撃吸収パットとリラックス用のクッションが、、堕落卓とセットにして堕落シリーズとか言われてたら面白そう。スライムがさらに狩られるのか、、2022/06/25

キナコ

48
シリーズ8巻。家族愛が多かった本作。気づいてても言葉に出せない2人のやりとりに泣けた。今回はダリヤの登場は少なめ。またカルロの人生よ…。幸せのなかでの病気って…本作も泣けたが、カルロの話でも涙が止まらなかった。2024/03/02

すがはら

42
ダリアも初期の頃は、自分がヴォルフに対して恋愛感情を持ったりしたら、女性からのそういった視線に嫌気の差しているヴォルフに失望されるのではないかなんて思ったりしてたよね。何かあの頃の方が余程脈アリだったような気がします。既に身内の扱いで、空気になってるのでしょうか。ダリアのお母さん、何でそんな設定になったのか。気の毒すぎるよ。お産で亡くなった方が良かった位の話に思えます。ダリアの母へのわだかまりは解消される日が来るのでしょうか。2022/07/05

はなりん

39
衝撃吸収材と堕落クッション、魔導義足の開発。マルチェラの貴族の祖父母が登場。とても良い人達で、ダリヤの助けにもなってくれそう。貴族の後ろ盾を無自覚にどんどん増やしていくダリヤ。胃薬が手放せないイヴァーノもどんどん頼もしくなっていく。イヴァーノとギルド長夫妻のやり取りはよかった。そして、カルロとダリヤの母の悲しい顛末が明らかに。母方の貴族家の名前が登場しました。今後接点がでてくるのかしら?2022/11/12

サンゴ

32
食べちゃったか2023/08/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19731513
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。